ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

那須烏山市の児童・生徒の学力調査結果報告

6/25

栃木県那須烏山市

〜結果から読み取れる傾向をお知らせします〜
4月17日(火)に、文部科学省による小学6年生、中学3年生を対象とした「全国学力・学習状況調査」と、県教育委員会による小学4・5年生、中学2年生を対象とした「とちぎっ子学習状況調査」が行われ、本市の小・中学校も参加しました。これらの調査は、児童・生徒の学力や学習状況を把握し、指導や学習状況への改善などに役立てるために毎年行われています。
全国学力・学習状況調査は、国語と算数(数学)、理科の3教科で、国語と算数(数学)については、それぞれA問題(主として「知識」に関する問題)とB問題(主として「活用」に関する問題)に分けて出題されました。理科については、3年に1度実施され、「知識」に関する問題と「活用」に関する問題が一体的に出題されました。
とちぎっ子学習状況調査は、小学校は国語・算数・理科の3教科、中学校は国語・社会・数学・理科・英語の5教科で、基礎的・基本的な知識・技能および思考力・判断力・表現力等に関わる内容が出題されました。
学習状況調査については、児童・生徒に生活習慣や授業への取り組みなどを質問紙によって尋ねる方法で実施されました。
なお、これらの調査の結果は学力の特定の一部分です。この結果から読み取れる傾向をお知らせします。

◆学力調査の結果
市の児童・生徒の状況については、全国または県の平均正答率(%)と比較したポイント(P)の差で、次のような記号で表すことにします。学力調査の結果は、次のとおりです。

◎:大きく上回っている → プラス5.0P以上
○:やや上回っている → 0からプラス4.9P
△:やや下回っている → マイナス0.1からマイナス4.9P
▲:大きく下回っている → マイナス5.0P以下

本市の両調査の成績は、表のように全国や県の結果と比較すると、小学校については「ややまたは大きく上回り」、中学校については「同程度またはやや下回る」結果となりました。
小・中学校とも、国語の漢字や言葉の使い方、算数(数学)の計算問題など基礎的な内容については、高い正答率でした。答えを文章で記述する問題に対しても、県や全国の平均正答率を上回り、自分の考えをまとめて書くことができた児童が多くなっています。
一方、思考力・判断力・表現力など活用力に関する内容については、一部課題が見受けられました。
各学校においては、自校の結果を細かく分析し、学力向上を目指して課題克服に取り組んでいるところです。

◆学習状況調査の結果
学力調査と合わせて、生活習慣や授業への取り組みなどについての調査が実施されました。
質問紙調査のため、「している」「どちらかといえばしている」を肯定的な回答として集計し、全国や県の結果と比較することで、本市の児童・生徒の状況を分析しました。

○授業の様子
・学習が「将来、社会に出たときに役に立つ」と考え、自分から進んで取り組んでいる。
・学級の友達との間で話し合う活動を通じて、自分の考えを深めたり、広げたりすることができている。
・難しい問題に出会うと、やる気が出ると回答した児童・生徒が少ない。

○家庭学習への取り組みの様子
・ほとんどの児童・生徒が、家で学校の宿題をしており、決まった時刻に取り組んでいる。
・自分で計画を立てて、宿題の他に自分で考えた勉強をしている児童が多い。

○生活習慣、家庭、地域社会との関わり
・朝食を毎日食べたり、同じくらいの時刻に起きたり、規則正しい生活を送っている児童・生徒が多い。
・住んでいる地域の行事に進んで参加している。
・家の人と将来のことについて話すことが少ない。
・平日に、テレビゲームをしたり、携帯電話やスマートフォンで通話やメール、インターネットなどをしたりする時間が長い児童・生徒が多い。

◆2つの調査結果から分かること
〜学力調査と学習状況調査の相関から〜
○学校の決まりを守っていると回答した児童・生徒ほど、平均正答率が高い。
○家で、自分で計画を立てて勉強(宿題・予習・復習)をしている児童・生徒ほど、平均正答率が高い。
○家の人と学校の出来事や将来のことについて話をする児童・生徒ほど、平均正答率が高い。
●平日に、テレビゲームをしたり、携帯電話やスマートフォンで通話やメール、インターネットをしたりする時間が長い生徒ほど、教科の平均正答率が低い傾向にある。

規則正しい生活をしたり、家族と出来事や夢を話し合ったりすることは、学ぶ意欲の基礎となります。また、学習時間の確保のためにも、家庭で情報メディアとの付き合い方の約束を決めておくことが大切です。

市教育委員会では、小・中学校において教職員の授業力向上を目指し、「スーパーティーチャー育成事業」を実施し、学力向上のための研修を行っています。また、学力向上の基盤となる学習意欲の向上や休日の学習習慣の確立を目指し、「サタデースクール事業」を実施しています。
この調査結果を踏まえ、各学校と連携して指導の改善に努めていきます。

問合せ:学校教育課 【電話】0287-88-6222

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階