ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

URUMA UMAI ~開拓者たち~Product 2

20/31

沖縄県うるま市

農業生法人 有限会社たいよう

完熟したノニの実だけを使用しまろやかな味に仕上げたノニジュース「のに元気」。J A S認証取得の「オーガニックのに」も人気商品。

■うるま市の活性化のため何ができるのか。
ゴツゴツした緑色の実は少々不気味な見た目。体に良いとされるノニジュースはご存知の方も多いのではないだろうか。同時に、とてもクセが強く、飲みづらいイメージも多くの方が持っていることだろう。そんなノニをうるま市で栽培・加工を行っているのがたいようだ。工場長の平良氏に今回話を伺った。たいようが工場を構える宇堅という地区は、荒地が多く農作物を育てるのには苦労する土壌。住民の高齢化も進み、あまり手間のかからない農作物であるノニを栽培することで、地域の活性化や雇用の増加に繋がればと平良は話す

■100%沖縄県産、品質にとことんこだわったたいようのノニ
たいようではしっかり検品を行い、常に高品質のノニジュースを製造している。五十名ほどの契約農家から綺麗に洗浄された状態のノニが納品されるが、まずは平良の厳しいチェックが入る。ノニは熟すと白くなる性質を持つ。まだ熟していない青いままのノニの実をジュースにしてしまうと、酸味が強くなってしまうため、まずは色を厳しくチェックする。厳しい検品に合格した実がようやく工場での製造工程へ進む。実を絞る訳ではなく三ヶ月かけてじっくりと実から自然に出てくるエキスを抽出し、それから一年以上じっくり発酵させてようやくノニジュースが出来上がる。大勢の契約農家を取りまとめ、出来の良かった畑を見学し勉強会を開くなど、常に高い品質にこだわる姿勢はまさにプロフェッショナル。一見気難しそうな彼だが、時折チャーミングな笑顔を交えて熱く語ってくれた。うるま市を代表する特産品になりつつある、たいようのノニシリーズ。今後も目が離せない。

Company Info:
うるま市字宇堅135-1 【電話】098-973-3814

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階