文字サイズ
自治体の皆さまへ

おきなわ市日誌(2)

8/39

沖縄県沖縄市

■11/23

◇誰でも楽しめるeスポーツ体験会
沖縄市障がい者福祉協会主催による、令和2年度沖縄市スポーツ教室「eスポーツ体験会」が、沖縄市社会福祉センターで開催されました。
コンピューターゲーム等で対戦する競技eスポーツは、物理的ハードルが低いとされ、参加者からは「孫と一緒にやってみたい」等の声も聞かれ、大学生と70代の障がい者が一緒に対戦を楽しむ交流も見られました。

■11/30

◇障害を知り共に生きよう
障がい者の福祉に関する理解と関心をより深めるきっかけづくりの場として、「精神保健福祉普及月間(ハートフル展)」と「障害者週間」の2つを統合したイベント「沖縄市ハートフル福祉フェア」を、11月30日から12月4日までの5日間、市役所で開催しました。
約50カ所の事業所が参加し、事業所紹介のパネルや事業所で作成した絵画、置物等が展示されました。

■11/13

◇兵庫から首里城復興の願いを込めて
兵庫県の小学6年生で、自閉症スペクトラムを抱える柳生千裕さんが描いた首里城の絵「いつかその日まで」を含めた10点の作品の展示会「柳生千裕さん僕の絵で、元気をあなたに」が、就労継続支援B型事業所「きぼうのわ」で、11月13日から15日まで開催されました。
会場では、首里城復興支援の募金も集められました。

■11/26

◇音楽に乗せ 五感を優しく刺激
令和2年度いきいき子育て交流会「音のおもちゃばこ音楽って楽しいね♪」が、沖縄市武道館柔道場で行われ、保護者と乳幼児を合わせ、58人が参加しました。
ファミリー吹奏楽団ビビデバビデブーが、金管楽器、打楽器等を使い演奏するアニメソングや童謡等に乗せ、揺れたり、回ったり、拍手をしたりして、親子で視覚、聴覚、触覚等の多感覚に対する刺激を楽しみました。

■12/13

◇エイサー会館からアルゼンチンへ
アルゼンチンのエイサー団体等へエイサー会館やエイサーのことを知ってもらおうと、公式YouTubeでの生ライブ配信が、エイサー会館で行われました。
アルゼンチンの現地時間は午後9時頃。約60人の視聴者に向けて、エイサー会館スタッフで日系4世の與那嶺セルジオ登志雄さん等が、スペイン語で中継し、視聴者からの質問にも答えました。

■12/4

◇多彩な芸能を体感「綾庭(あやみや)の宴」
本市の文化によるまちづくり推進事業補助金を活用したオキナワエンターテインメントアトラクション「綾庭の宴」が、ミュージックタウン音市場で開催され、沖縄の歴史を織り交ぜながらの琉球舞踊やエイサー等のステージが繰り広げられました。
一般公演のほか、観光業等関係者向け鑑賞会も実施し、観光コンテンツとしてPRしました。

■11/27

◇表現豊かに英語で話そう
令和2年度沖縄市中学生英語ストーリー並びにスピーチコンテストが開催され、中学1年生14人がストーリーテリング、2年生11人がスピーチに挑みました。
1年生の部最優秀賞は山内中学校の山内英紗(えいさ)さん、優秀賞は美東中学校の大城英鈴菜(えれな)さん、2年生の部最優秀賞はコザ中学校の大城麻未(まみ)さん、優秀賞は山内中学校の河玲衣(かわれい)さんでした。

■11/30

◇エイサーにかける人間ドラマ
沖縄全島エイサーまつり65周年記念特別動画「エイサーどんどん!」の制作発表が、エイサー会館で行われました。
同まつり実行委員会の制作により、昨年11月に市内で撮影された、沖縄全島エイサーまつりに出場する青年会の成長と家族の絆を描くヒューマンドラマです。
特別動画の公開は、1月下旬以降を予定しています。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU