ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

≪特集≫「逃げ遅れ」を防ぐために~住宅火災から命を守る7つのポイント~

5/31

滋賀県多賀町

これからの季節、空気が乾燥し火災が発生しやすくなります。
多賀町内では2019年中(11月15日現在)に2件の火災が発生しています。
火災の発生を防ぎ、万が一火があがってしまっても命を落とさないよう、日ごろから心がけをしましょう。

1.住宅火災はどのくらい起きているの?
全国で平成29年(2017年)に起きた住宅火災(住宅で起きた火災)の件数は1万1,408件を数え、そのために亡くなった人は889人です。(放火自殺者等を除く。)そのうち約70%にあたる646人が65歳以上の高齢者となっています。
住宅火災で亡くなった理由をみると、病気や体が不自由なために逃げ遅れたり、熟睡していたために逃げ遅れたりするなど、「逃げ遅れ」が全体の半分を超えて最多となっています。
また、死者を伴う住宅火災の火元をみると、「たばこ」「ストーブ」「電気器具」「こんろ」が主な原因となっています。たばこの火が布団に燃え移ったり、ストーブの火が衣類に燃え移ったりするなど、火種が布製品などに移って燃え広がることによって起こっています。
では、住宅火災を防ぎ、それにより亡くなる方をなくすために、どのようにすればよいでしょうか。

2.住宅防火7つのポイント
◆日頃から「3つの習慣」と「4つの対策」を
消防庁では、「いのちを守る7つのポイント-3つの習慣、4つの対策-」として、以下のような防火対策を呼びかけています。

◆3つの習慣
火災の発生を防ぐために、次の3つの習慣を守りましょう。
・寝たばこは絶対しない
・ストーブの近くに燃えやすいものを置かない
・こんろに火を点けたままでそばから離れない

◆4つの対策
万一火災が発生しても、被害を抑え人命を守るために、日ごろから次の4つの対策をとりましょう。
・逃げ遅れを防ぐために、「住宅用火災警報器」を設置する
・寝具やカーテンなどには防炎品を使用する
・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する
・日ごろから隣近所との協力体制をつくる

◆ストーブや電気器具など、身近な製品にもご注意を。
住宅火災の火元として、1位「こんろ」の次に、2位「たばこ」、3位「ストーブ」が続いています。これらの製品については、長期間の使用による部品の劣化や誤った使い方などによって発火し、近くの衣類や布団などの可燃物に燃え移って火災になる場合があります。
住宅火災を防ぐために、ストーブをはじめとする暖房機器や電気器具などにも注意しましょう。

3.逃げ遅れを防ぐために
火災で亡くなる原因でもっとも多い「逃げ遅れ」を防ぎ、火災から命を守るために、火災の発生を感知し知らせる「住宅用火災警報器」の設置がすべての住宅に義務付けられています。
住宅用火災警報器は、熱や煙を感知して、火災の発生を警報音や音声・光で知らせるものです。住宅内で火災が発生したことを早期に感知して住宅内の人に知らせることで、初期消火や避難などを素早くおこなえるようにするものです。

4.初期消火に役立つ住宅用消火器等を備えましょう
住宅用消火器は、一般家庭で使いやすいように開発された消火器で、軽量で、お年寄りや女性などでも使いやすく、火元をねらいやすくなっています。外観は赤だけでなくさまざまな色があり、デザインが豊富です。また、ホースがないものもあります。
家庭で起こり得る火災には、紙や木材、布などが燃える「普通火災」のほか、天ぷら油で起こる「天ぷら油火災」、電気コードなどで起こる「電気火災」、石油ストーブなどで起こる「ストーブ火災」などがあります。住宅用消火器には、適応する火災が絵で分かりやすく表示されていますので、必要な用途に合わせて、住宅用消火器を選びましょう。
また、消火器の補助的な役割を果たすエアゾール式簡易消火具も、家庭内で発生する天ぷら鍋の油の過熱による発火、石油ストーブの注油中の引火による火災、火の不始末によるくずかごの火災などの比較的初期段階の火災に有効です。
住宅用消火器は、業務用消火器のように消火薬剤の詰め替えや点検をする必要はありません。ただし、使用期限はありますので、定期的に交換するようにしましょう。住宅用消火器は一般廃棄物として出すことはできません。取扱店へご相談ください。

取材協力:消防庁
文責:政府広報オンライン

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU