ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

もったいない!食べられるのに捨てられる“食品ロス”

12/31

滋賀県多賀町

食品ロスとは「食べられるのに廃棄された食品」のことです。
我が国では年間約621万トンが食品ロスとして廃棄されています。この621万トンは東京都民1300万人が1年間で食べる量に匹敵し、全国民が毎日ごはん1杯分を捨てているのと同じ計算になります。
日本の食料自給率は38%(平成28年度)で大半を輸入に頼りながらも食べられる食料を大量に捨てているのが現実で、本当にもったいないことです。
家庭の食品ロスを減らすことは環境にも家計にも優しいことです。必要な分だけ購入したり、食べ残しを減らしたりすることから始めましょう。

産業環境課(環境)
【有】2-2012
【電話】48-8118
【FAX】48-0594

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU