ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

障害基礎年金をご存じですか?

15/31

滋賀県多賀町

障害基礎年金は、病気やけがによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることができる年金です。「国民年金」に加入されている方で、病気やけがによって初めて医師または歯科医師の診療を受けたときに請求することができます。

◆障害基礎年金を受け取るには
年金の納付状況など次の条件が設けられています。

1.障害の原因となった病気やけがの初診日が次のいずれかの間にあること
・国民年金加入期間(20歳~60歳)
・20歳未満または日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の方で年金制度に加入していない期間

2.障害の状態が、障害認定日または20歳に達したときに、障害等級表に定める1級または2級に該当していること

3.保険料の納付要件を満たしていること(20歳前の年金制度に加入していない期間に初診日がある場合は、納付要件は不要です。)

障害基礎年金を受け取るには、年金の請求手続きが必要です。障害の状態になった場合は、年金事務所などにご相談ください。

◆国民年金の付加保険料について
国民年金の付加保険料は、定額保険料(令和元年度:16,410円)に加えて、付加保険料(月額400円)を納めた場合、年金受給時に年額で〈200円×付加保険料を納めた月数〉の付加年金が加算されます。(付加年金は定額のため、増額や減額はありません。)
国民年金第1号被保険者の方が対象です。付加保険料を納めるためには、申し込みが必要になります。申出書は、税務住民課または年金事務所の窓口にあります。
たとえば、1カ月間納めた場合、年金を受け取り始めて2年で、納付した付加保険料の合計額に見合う付加年金額を受け取ることができます。将来の安心のためにもご活用ください。
※国民年金基金に加入している方は、付加保険料を納めることはできませんので、ご注意ください。

税務住民課(住民)
【有】2-2031
【電話】48-8114
【FAX】48-0594

日本年金機構 彦根年金事務所 国民年金課
【電話】23-1114

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU