ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

ぶんか情報発信中

15/27

滋賀県愛荘町

■令和2年秋季特別展 紙製品への思い 国誉の礎とコクヨの現在 令和2年10月29日(木)ー12月13日(日)
我が国において今日的な既成紙製品が登場したのは、外国から洋紙や既製品を輸入し、洋式帳簿として販売し始めた明治の初め頃と言われています。しかしながら、明治末期になっても一般の会社や商店では「大福帳」などのように、束ねた和紙に厚めの表紙を付け、こよりで綴っただけの帳面が使われていました。
大正時代になり、経営の近代化が急速に進むと同時に洋式帳簿が普及しますが、その前夜、明治38年(1905)にコクヨ株式会社の創業者である黒田善太郎(1879-1966)は、「黒田表紙店」を起業し、大正2年(1913)に洋式帳簿の既製品化を開始しました。
天性工夫を好む黒田の企業家精神により改良が重ねられた様々な紙製品は、時代を超えて優良な品質を求める多くの人々に受け入れられます。そして「国誉(コクヨ)」の商標名どおり、黒田の郷里である越中富山、ひいては日本の誉れとして評価され、今日に至る文房具やオフィス家具、事務機器に代表される「コクヨブランド」の礎が築き上げられました。
展覧会では、コクヨ創業期から昭和29年(1954)の紙製品製造業確立期-大コクヨの誕生-に至る資料や製品を中心に展示し、我が国における紙製品製造業史の一端に触れるとともに、地域や環境に貢献する株式会社コクヨ工業滋賀の紙製品(モノづくり)を紹介します。
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場:歴史文化博物館企画展示室
入館料:町内在住の方は無料です
休館日:月・火曜日※11月は毎日開館
特別協力:コクヨ株式会社(株)コクヨ工業滋賀
後援:朝日新聞大津総局、京都新聞、産経新聞社、滋賀報知新聞社、中日新聞社、毎日新聞大津支局、読売新聞大津支局、BBCびわ湖放送

▽学芸員による展示解説
開催日:令和2年11月29日(日)10:30~11:00/14:00~14:30
場所:歴史文化博物館企画展示室

■ハーティー講座~卵を使わないパン作り教室~パンを作る楽しさ、おいしさを体験しませんか?
講師:灰谷昌美先生Brot Café愛荘町安孫子836番地1

場所:ハーティーセンター秦荘調理実習室
持ち物:エプロン、三角巾、手拭きタオル、マスク、持ち帰り用の紙袋
参加費:1回1,700円(材料費込)(文化協会員1回1,500円)
定員:各教室8名
募集期間:11月1日(日)から(定員に達し次第締め切ります)
申込方法:ご来館またはお電話にて
【電話】37-4110

新型コロナウイルス拡大防止のため、来場時のマスク着用をお願いします。

問合せ:ハーティーセンター秦荘(指定管理者一般社団法人愛荘町文化協会)
【電話】37-4110

■開館20周年記念びんてまり展
約300点のびんてまりを一堂に展示します
会期:12月5日(土)~12月20日(日)
会場:びんてまりの館企画展示ギャラリー・視聴覚室
時間:10時―18時(最終日は15時まで)
休館日:月・火曜日休館
主催:愛知川びんてまりの館・愛知川図書館
協力:伝承工芸愛知川びん細工手まり保存会

・ハーティーセンター秦荘
【電話】37-4110
休館日:月曜(祝日に当たる場合は翌日以降の平日)

・歴史文化博物館
【電話】37-4500
開館時間:10:00~17:00
休館日:月・火・祝日の翌日

・近江上布伝統産業会館
【電話】42-3246
開館時間:10:00~17:00
休館日:月・祝日

・愛知川びんてまりの館
【電話】42-4114
開館時間:10:00~18:00
休館日:月・火・毎月最終水曜・祝日

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU