ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

みんなでささえる介護保険

15/26

滋賀県愛荘町

■65歳以上の皆さんへ 介護保険料納入通知書を発送します
6月中旬に、介護保険料の納入通知書(本算定決定通知書)および納付書を被保険者へ郵送し、今年度に納めていただく年間の介護保険料額をお知らせします。保険料の納付方法は、特別徴収(年金からの天引き)もしくは、普通徴収(口座振替または納付書)のどちらかです。
※特別徴収の方および普通徴収で口座振替を利用されている方には納付書は入っておりません。

▽特別徴収となる人
老齢(退職)・遺族・障害年金が年額18万円以上の人。年金支給月(年6回)に年金から天引きさせていただきます。

▽普通徴収となる人
年金が年額18万円以下の人や年度中に65歳に到達する人、年度途中に転入された人などです。4月から3月の年12回で納めていただき、納期限は毎月末日(末日が休日の場合翌営業日)です。納め忘れを防ぐため、便利で確実な口座振替をご利用ください。

■新型コロナウイルス感染症の影響により介護保険料の納付が困難な方に対する徴収の猶予制度
▽徴収の猶予※猶予期間は6ヶ月以内となります。
新型コロナウイルス感染症に納付義務者(ご家族を含む。)がり患された場合のほか、新型コロナウイルス感染症に関連するなどして以下のようなケースに該当する場合は、猶予制度がありますので、福祉課にご相談ください(徴収猶予:介護保険法第142条および愛荘町介護保険条例第15条)。

(ケース1)災害により財産に相当な損失が生じた場合
新型コロナウイルス感染症の患者が発生した施設で消毒作業が行われたことにより、備品や棚卸資産を廃棄した場合

(ケース2)ご本人またはご家族が病気にかかった場合
納付義務者ご本人または生計を同じにするご家族が病気にかかった場合

(ケース3)事業を廃止し、または休止した場合
納付義務者の方が営む事業について、やむを得ず休廃業をした場合

(ケース4)事業に著しい損失を受けた場合
納付義務者の方が営む事業について、利益の減少等により、著しい損失を受けた場合

問合せ:福祉課(愛知川庁舎)
【電話】42-7691

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU