文字サイズ
自治体の皆さまへ

ぶんか情報発信中

15/26

滋賀県愛荘町

■第33回企画展つぎはぎの仕事着ー暮らしが仕立てたデザインー
2021.1.9 sat→3.21 sun
昔の人々は、日常の労働によって仕事着が傷んでも、捨てることなく補修をし、長く着用しました。着ることができなくなった着物は縫い目を解いて大切に保管しておき、衣服に接ぎ当てるために使用しました。時には数代に渡って着用され、物を大切にする心と共に次の世代へと受け継がれていきました。
人々の日常とともにあった仕事着は、労働の痕跡が見えるものもあり、当時の衣生活を知る上で重要な資料として注目されています。
また、補修しつぎはぎだらけとなった仕事着の色合いが偶然、パッチーワークやビンテージジーンズのようになり、その美しさから近年国内外で「BORO」や「山行きBOKKO」として人気を博しています。
展覧会では湖東・湖北地域で発見された仕事着を中心に展示し、衣生活資料から見える労働生活を解説。
また、現代のファッションブランド(ANTONINA、KUON、matohu、NIMAI NITAI)に協力をいただき、つぎはぎに着想を得て制作した作品を展示。現代の視点から芸術品としての仕事着の美しさを紹介いたします。
日本人の勤勉さと物を大切にする心から生まれた、美しい仕事着のデザインをご鑑賞ください。
会期:令和3年1月9日(土)から令和3年3月21日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場:歴史文化博物館企画展示室
入館料:町内在住の方は無料です
休館日:月・火曜日(祝日は開館)
特別協力:滋賀県立大学、ANTONINA、KUON、matohu、NIMAI NITAI

▽学芸員による展示解説
日時:3月14日(日)10:30~/13:30~
場所:歴史文化博物館企画展示室

■ハーティーセンター秦荘イベント紹介
皆様に喜んでいただけるハーティーセンター秦荘ならではの様々な事業に取り組んでまいります。
ぜひご来館ください。

▽第9回お笑い七夕ハーティー寄席
日時:6月26日(土)開演14:00 4月3日発売開始
場所:大ホール
料金:全席指定 前売1,500円※当日300円増
KBS京都ほっかほかラジオでおなじみの笑福亭晃瓶をはじめ、落語・漫才と多彩な出演者がとっておきのネタを披露!

▽coba solo tour 2020 The Accordionn
日時:7月31日(土)開演16:30 4月24日発売開始
場所:大ホール
料金:全席指定 前売一般4,000円、小中学生2,000円※当日500円増
世界各国で活躍しているアコーディオン奏者「コバ」が愛荘にやってくる!!アコーディオン1台で紡ぎだすピュアでポップな旋律を、是非!
※2020ツアーの延期公演です。

▽第7回近江の歴史文化遺産・景観を描くあいしょう絵画展
日時:7月24日(土)~8月1日(日)10:00~16:00
7月17・18日出品受付・出品料800円/点
料金:入場無料
場所:中ホール
滋賀県内の歴史文化遺産や景観を描いた絵画展を開催!グランプリ受賞者には、賞金10万円と「るーぶる愛知川」で9月に個展開催権利付与!

▽宝くじ文化公演ファミリーコンサート オーケストラで聴くジブリ音楽
日時:8月7日(土)開演15:00 6月上旬発売予定
場所:大ホール
料金:全席指定 前売一般1,500円、中学生以下1,000円※当日500円増
宝くじの助成により特別料金になっています
スタジオジブリのアニメ「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」「耳をすませば」などの映画音楽を、井上あずみ、木村弓、本名陽子が歌い、N響団友オーケストラが奏でます。
他にも、フロアーチャリティーコンサートやギャラリー展を開催します。詳細が決まり次第お知らせします。
また、新型コロナウイルス感染拡大等のため、急きょ公演を延期・中止することがあります。あらかじめご了承ください。

問合せ:愛荘町立ハーティーセンター秦荘
【電話】37-4110(指定管理者一般社団法人愛荘町文化協会)【URL】http://www.heartycenter.jp
【Facebook】www.facebook.com/aishobunka
【Twitter】@heartyhatasho

■秦荘図書館25周年、愛知川図書館・びんてまりの館20周年記念企画展 長谷川義史絵本原画展
長谷川義史さんの絵本より、『だじゃれ日本一周』(理論社、2009)と『おおにしせんせい』(講談社、2019)の原画48点を展示します。
会期:2021年3月6日(土)~3月28日(日)
開館時間:午前10時~午後6時
休館日:月・火曜日、3月20日(土)
会場:愛知川びんてまりの館企画展示ギャラリー
主催:愛荘町立図書館・愛知川びんてまりの館

問合せ:愛知川びんてまりの館
【電話】42-4114

・ハーティーセンター秦荘
【電話】37-4110
休館日:月曜(祝日に当たる場合は翌日以降の平日)

・歴史文化博物館
【電話】37-4500
開館時間:10:00~17:00
休館日:月・火・祝日の翌日

・近江上布伝統産業会館
【電話】42-3246
開館時間:10:00~17:00
休館日:月・祝日

・愛知川びんてまりの館
【電話】42-4114
開館時間:10:00~18:00
休館日:月・火・毎月最終水曜・祝日

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

ぶんか情報発信中

16/24

滋賀県愛荘町

■第33回企画展 つぎはぎの仕事着ー暮らしが仕立てたデザインー
令和3年1月9日(土)→3月21日(日)
昔の人々は、日常の労働によって仕事着が傷んでも、捨てることなく補修をし、長く着用しました。着ることができなくなった着物は縫い目を解いて大切に保管しておき、衣服に接ぎ当てるために使用しました。時には数代に渡って着用され、物を大切にする心と共に次の世代へと受け継がれていきました。
人々の日常とともにあった仕事着は、労働の痕跡(こんせき)が見えるものもあり、当時の衣生活を知る上で重要な資料として注目されています。
また、補修しつぎはぎだらけとなった仕事着の色合いが偶然、パッチーワークやビンテージジーンズのようになり、その美しさから近年国内外で「BORO」として人気を博しています。
展覧会では湖東・湖北地域で発見された仕事着を中心に展示し、衣生活資料から見える労働生活を解説。
また、滋賀県立大学に協力いただき、現代の視点からアートとしての仕事着の美しさを紹介。
日本人の物を大切にする心から生まれた、美しい仕事着のデザインをご鑑賞いただけます。
会期:令和3年1月9日(土)から令和3年3月21日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場:歴史文化博物館企画展示室
入館料:町内在住の方は無料です
休館日:月・火曜日(祝日は開館)2月12日(金)・2月24日(水)
特別協力:滋賀県立大学

▽学芸員による展示解説
日時:1月24日(日)、2月21日(日)、3月14日(日)10:30~/13:30~
場所:歴史文化博物館企画展示室

■フロアーチャリティーコンサートvol.35 Flamentina(フラメンティーナ)with トジマコージ
場所:ハーティーセンター秦荘中ホール
日時:2021.2.14(SUN)開演午後2時(開場午後1時)
ご家庭にアルミ缶・ペットボトルキャップ・使用済み切手がありましたら、お持ちよりください。福祉作業所の運営資金にさせていただきます。またチャリティーコンサートとして募金箱を用意します。みなさまのご協力をお願いいたします。
入場無料
入場には整理券が必要です。(先着50名)
ハーティーセンター秦荘、愛知川公民館で配布しています。
新型コロナウイルス拡大防止のため、急遽、公演を取りやめることがございます。
新型コロナウイルス感染症予防のため座席間の距離を十分に確保し、人数制限を行います。また、鑑賞中のマスク着用をお願いします。

問合せ:ハーティーセンター秦荘(指定管理者一般社団法人愛荘町文化協会)
【電話】37-4110

■びん細工手まり初心者講習会 受講生募集!!
日時:令和3年2月13日(土)・20日(土)・27日(土)いずれも午前9時から午後4時まで(昼食をご持参下さい)
場所:愛知川びんてまりの館創作交流室(展示室奥の和室)
内容:直径15センチの愛知川びん細工手まりを1個作ります。
対象:愛荘町にお住まいで、はじめてびん細工手まりを作られる方。
※原則として3日とも受講できる方とさせていただきます。(応相談)
受講料:7千円(材料費含む)
定員:10名(先着順)
申込:愛知川図書館のカウンターへ来館、または電話【電話】42-4114でお申込みください。1月24日(日)締切り(定員に達した場合はその時点で締切ります)

問合せ:愛知川びんてまりの館
【電話】42-4114

■「タイムカプセルで伝えよう、20年後(2040年)のわたしへ」メッセージ募集中!!
秦荘図書館25周年、愛知川図書館20周年を記念して、20年後の2040年に開封予定のタイムカプセルに入れるメッセージを募集します。
応募方法:秦荘図書館、愛知川図書館にメッセージ用紙を用意しています。文章やイラストなど形式は自由です。両図書館に設置した「メッセージBOX」に投函ください。
応募締め切り:令和3年1月17日(日)
募集期間終了後、メッセージをタイムカプセルに入れて封印します。
タイムカプセルは愛知川図書館で大切に保管し、2040年の夏に開封します。
開封後、図書館で展示した後、希望される本人にお返しします。

問合せ:愛知川図書館
【電話】42-4114

・ハーティーセンター秦荘
【電話】37-4110
休館日:月曜(祝日に当たる場合は翌日以降の平日)

・歴史文化博物館
【電話】37-4500
開館時間:10:00~17:00
休館日:月・火・祝日の翌日

・近江上布伝統産業会館
【電話】42-3246
開館時間:10:00~17:00
休館日:月・祝日

・愛知川びんてまりの館
【電話】42-4114
開館時間:10:00~18:00
休館日:月・火・毎月最終水曜・祝日

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

ぶんか情報発信中

13/25

滋賀県愛荘町

■令和2年秋季特別展 紙製品への思い 国誉の礎とコクヨの現在 令和2年10月29日(木)ー12月13日(日)
我が国において今日的な既成紙製品が登場したのは、外国から洋紙や既製品を輸入し、洋式帳簿として販売し始めた明治の初め頃と言われています。しかしながら、明治末期になっても一般の会社や商店では「大福帳」などのように、束ねた和紙に厚めの表紙を付け、こよりで綴っただけの帳面が使われていました。
大正時代になり、経営の近代化が急速に進むと同時に洋式帳簿が普及しますが、その前夜、明治38年(1905)にコクヨ株式会社の創業者である黒田善太郎(1879-1966)は、「黒田表紙店」を起業し、大正2年(1913)に洋式帳簿の既製品化を開始しました。
天性工夫を好む黒田の企業家精神により改良が重ねられた様々な紙製品は、時代を超えて優良な品質を求める多くの人々に受け入れられます。そして「国誉(コクヨ)」の商標名どおり、黒田の郷里である越中富山、ひいては日本の誉れとして評価され、今日に至る文房具やオフィス家具、事務機器に代表される「コクヨブランド」の礎が築き上げられました。
展覧会では、コクヨ創業期から昭和29年(1954)の紙製品製造業確立期-大コクヨの誕生-に至る資料や製品を中心に展示し、我が国における紙製品製造業史の一端に触れるとともに、地域や環境に貢献する株式会社コクヨ工業滋賀の紙製品(モノづくり)を紹介します。
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場:歴史文化博物館企画展示室
入館料:町内在住の方は無料です
休館日:月・火曜日※11月は毎日開館
特別協力:コクヨ株式会社(株)コクヨ工業滋賀
後援:朝日新聞大津総局、京都新聞、産経新聞社、滋賀報知新聞社、中日新聞社、毎日新聞大津支局、読売新聞大津支局、BBCびわ湖放送

▽学芸員による展示解説
開催日:令和2年11月15日(日)・29日(日)10:30~11:00/14:00~14:30
場所:歴史文化博物館企画展示室

■ハーティー講座~姿勢ウォーキング and ストレッチ教室~
コロナ自粛でなまった体をハーティーセンター秦荘で動かしませんか?
姿勢を意識した様々なウォーキング、ストレッチと簡単な筋トレで体のバランスや姿勢を整えます。体のお悩み改善と脂肪燃焼にも効果的です。

▽お試しワンコイン教室
日時:
11月11日(水)13:30~14:30
11月25日(水)13:30~14:30
参加費:1回500円

▽第一期「姿勢ウォーキング&ストレッチ教室」
日時:12月2日(水)13:30~14:30毎週水曜日(12/2・9・16)(1/13・20・27)(2/3・10・17・24)
参加費:
一般4,500円(10回分)
文化協会員4,000円(10回分)
「愛荘町健やか愛ポイント」対象講座です!

場所:ハーティーセンター秦荘中ホール
持ち物:運動のしやすい服装、飲み物、タオル、ヨガマット(バスタオル可)、運動靴を履いてきてください。
募集期間:11月1日から募集開始(定員に達し次第締め切ります)
申込方法:ご来館または、お電話にて申込ください。
定員:20名
新型コロナウイルス拡大防止のため、来場時のマスク着用をお願いします。

問合せ:ハーティーセンター秦荘(指定管理者一般社団法人愛荘町文化協会)
【電話】37-4110

■秦荘図書館25周年・愛知川図書館20周年記念企画展 タイムトラベルあいしょう3~まちに図書館がなかったあのころ~
同時開催:「愛荘町立図書館のあゆみ」展
日時:11月7日(土)~11月22日(日)
場所:びんてまりの館企画展示ギャラリー
時間:午前10時~午後6時
休館日:月・火曜日

▽関連行事
秦荘図書館25周年、愛知川図書館・びんてまりの館20周年記念講演会タイムトラベルあいしょう3「愛荘町の図書館だからできること~まちの過去と未来をつなぐ地域資料~」
講師:渡部幹雄氏(元愛荘町教育長)、福島幸宏氏(東京大学特任准教授)
日時:11月21日(土)午後1時30分~3時30分
場所:びんてまりの館視聴覚室
※要申込

・ハーティーセンター秦荘
【電話】37-4110
休館日:月曜(祝日に当たる場合は翌日以降の平日)

・歴史文化博物館
【電話】37-4500
開館時間:10:00~17:00
休館日:月・火・祝日の翌日

・近江上布伝統産業会館
【電話】42-3246
開館時間:10:00~17:00
休館日:月・祝日

・愛知川びんてまりの館
【電話】42-4114
開館時間:10:00~18:00
休館日:月・火・毎月最終水曜・祝日

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU