文字サイズ
自治体の皆さまへ

みんなでささえる介護保険

16/34

滋賀県愛荘町

■介護保険の住宅改修
要介護(要支援)認定を受け、在宅で生活をしている方が、心身の状態に応じて、手すりの取付け等の設置工事を行った場合に、居宅介護住宅改修費を支給します。支給は、改修費用の9割(一定以上所得のある方は8割または7割)で、1人につき改修費用20万円を上限とします(数回の工事に分けて使うことも可能です)。
住宅改修を行うときは、事前にケアマネジャーに相談し、工事前に必ず町に住宅改修事前承認申請書を提出してください。

▽対象となる工事
1.手すりの取付け
2.段差の解消
3.滑りの防止・移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
4.引き戸等への扉の取替え
5.洋式便器等への便器の取替え
6.その他、1~5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

▽手続きの流れ
1.ケアマネジャー等に相談(担当ケアマネジャーがいない場合、愛荘町地域包括支援センターに相談)します。
2.改修内容等を決定します。
3.事前申請書類一式を町に提出します。
4.町で事前申請書類を審査、適当と認められた場合、町から住宅改修事前承認通知書を送付します。
5.町からの連絡後(住宅改修事前承認通知書受領後)に着工します(連絡前の着工は支給対象となりませんのでご注意ください)。
6.工事完了後、改修費用全額を施工業者にお支払いください。
7.住宅改修支給申請書類一式を町に提出します(支給申請書は事前承認通知書送付時に同封します)。
8.町で支給申請書類を審査、審査終了後、居宅介護住宅改修費が支払われます。

▽注意事項
・工事着工前に必ず町の事前審査を受けてください(事前審査前の着工は支給対象外となります)。
・介護保健施設や医療施設に入院(入所)期間中は、支給の対象となりません。
・単なる老朽化や故障等が原因となる改修は認められません。
・新築および増築の場合の支給は認められません。
・住民票がある住所地の建物が支給対象となります。

問合せ:福祉課(愛知川庁舎)
【電話】0749-42-7691

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU