文字サイズ
自治体の皆さまへ

ワンステップフォワード(一歩前へ)学ぶ力向上の取組

3/34

滋賀県愛荘町

ワンステップフォワード(一歩前へ)学ぶ力向上の取組
~毎日こつこつ、しっかり継続、大きな力に!~

町内の学校では、子どもたちの「学ぶ力向上」のために、様々な取組を行っています。今回は、各学校での取組の一例を紹介します。

■秦荘東小学校
▽漢字音読
読み優先の漢字教育の取組を通し、ともに学び合う学習集団の育成をめざしています。

▽自主学習チャレンジウイーク
3年生以上が学期末テストに向けて取り組み、それぞれのがんばりを表彰しています。

▽楽しい授業
算数科の中で自分の考えを表現し、算数の良さを実感できる授業づくりに努めています。

■秦荘西小学校
▽学びの基礎を大切に
朝の始まりは「秦西タイム」から!
15分間の朝の学習タイムです。音読、漢字、計算等の学習に継続して取り組んでいます。

▽目標を立てて、自分なりの学習を!!
学期末が近づく頃に、「自主学習チャレンジウィーク」に取り組んでいます。自分の苦手分野の見直しや、学習したことを自分なりに工夫してノートにまとめています。
また友達とのノート交流や、2学期にはノート展を開催しています。

■秦荘中学校
▽ICT機器を活用した主体的な学習
全ての教科で、ICT機器を活用し、調べ学習や発表など、生徒の主体的な学習につながる授業づくりを進めています。

▽家庭学習の定着
各学年、家庭学習の定着を図るため、様々な取組を行っています。これは、昨年の1年生の自主学習ノートグランプリです。

▽よく分かる授業づくり
伸ばしたい力を明確にし、授業公開や交流を通して、全職員でより良い授業を目指し、取り組んでいます。

■愛知川東小学校
▽タブレットを活用して伝える
自主学習に力を入れています。自主学習ノートの内容を交流したり、6年生が4年生に自主学習の進め方を教えに行ったりしています。

▽真似ぶことは学ぶこと
「真似ぶことは学ぶこと」を合言葉に、自主学習ノートや観察の記録などを廊下に掲示しています。

■愛知川小学校
▽自主勉チャレンジウイーク
学期末テストに向け、3年生以上が自主勉強に取り組みます。素晴らしいノートは廊下に掲示し、表彰を行っています。

▽子どもたち主体の特別活動
子どもたちの発想やつながりを大切にしています。「愛知小まつり」では各学級が考えた遊びを全校児童が楽しみます。

▽分かる喜びを味わえる授業
教員同士が互いに授業を見合ったり、授業のアイデアを出し合ったりして、より良い授業づくりに努めています。

■愛知中学校
▽立腰(りつよう)タイム
愛知中学校では、落ち着いた雰囲気で1日を過ごせるよう、「立腰タイム」の取組を行っています。
8時25分に生徒代表が放送をし、1日がスタートします。
立腰とは…腰骨を立てていつも曲げないようにすることにより、自己の主体性の確立など様々なメリットが得られる実践的な方法。哲学者・教育学者でもある森信三先生が提唱している。
立腰のおもな効果:
・やる気がおこる
・持続力がつく
・集中力がつく

▽愛知中学校職員で次のことについて研修しています
・分かりやすい授業にするための取組(板書の仕方、ノートづくりの方法)
・家庭学習(自主勉強の進め方)
・学力補充(授業以外の学習会の方法)

問合せ:教育振興課(秦荘庁舎)
【電話】0749-37-8056

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU