文字サイズ
自治体の皆さまへ

ぶんか情報発信中

14/34

滋賀県愛荘町

■開館22周年記念びんてまり展
約300点のびんてまりを一堂に展示します。
会期:12月3日(土)~12月18日(日)
会場:びんてまりの館企画展示ギャラリー・視聴覚室
時間:10時~18時(最終日は15時まで)
休館日:月・火曜日
主催:愛知川びんてまりの館・愛知川図書館
協力:伝承工芸愛知川びん細工手まり保存会

問合せ:びんてまりの館
【電話】0749-42-4114

■愛荘町立歴史文化博物館館内展示品紹介「金剛輪寺梵鐘(こんごうりんじぼんしょう)」
今回は、愛荘町立歴史文化博物館で展示している「金剛輪寺梵鐘」について紹介します。梵鐘とは仏教法具としての釣り鐘のことで、一般的には除夜の鐘とも呼ばれています。今回紹介する梵鐘に刻まれた銘文によると、乾元2年(1303)に河内国丹南郡黒山郷(現在の大阪府堺市美原区黒山地区)の河内助安によって鋳造されたことがわかります。
さらに銘文を詳しく見てみると、もともとは承元年間(1207~1211)に鋳造されたものがあったが、乾元2年に再度作られたとされています。この梵鐘以前にさらに先代の梵鐘があったことがわかります。
現在の金剛輪寺の梵鐘は、博物館に展示されている梵鐘の次の代になります。博物館に展示されている梵鐘は高さが138cm、口径が82.2cm、重さが600kgもあります。
ぜひ、当館にて梵鐘の大きさを体験してみてください。

▽博物館企画展予告「懐かし民具アラカルト」
日時:2023/1/7[土]→3/19[日]
会場:愛荘町立歴史文化博物館企画展示室
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30)
無料入館日:1月21日(土)・22日(日)・2月12日(日)・25日(土)・26日(日)・3月11日(土)
休館日:月・火、2月24日(金)
入館料:町内在住の方は無料

■滋賀県アートコラボレーション事業 おうみ狂言図鑑2023
2011年から茂山千五郎家の協力を得て、滋賀県を題材にした新作狂言を制作。これらを「おうみ狂言図鑑」として、全国でも広く上演され、狂言の「笑い」と「近江」の魅力を発信し親しまれていくことを目指して毎年開催されています。
好評販売中
日時:令和5年2月19日(日)14時から
場所:ハーティーセンター秦荘大ホール
出演:茂山七五三、茂山あきら、茂山千五郎、茂山千之丞ほか
入場料:全席指定/一般2,500円、25歳未満1,000円
※当日各500円増・税込

▽今年新作の琵琶姫(びわひめ)とは
近江の国に『琵琶』をいう美しい姫君がいるという噂を聞いた東国の『富士』と、西国の『淡路』が姫と会うためにやってきます。体育会系の『富士』と文化系の『淡路』はそれぞれの魅力をアピールして気に入られようと競い合うのですが…。姫の心はどちらに傾くのか、傾かないのか…?

■親子で楽しむクラシック名曲コンサート こどもオペラ ヘンゼルとグレーテル
グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」を題材にして、小さなお子様も楽しめるオペラです。静かに聴く必要はありません。バイオリンやオーボエ、ピアノなどの生演奏と、オペラならではのソプラノやテノールの声楽に合わせて、体を動かしたり歌ったり、一緒に参加しながら体験できるコンサートです。ご家族皆さんでお楽しみください。
1/7(土)発売開始
日時:令和5年3月25日(土)14時から
場所:ハーティーセンター秦荘大ホール
出演:芸術創造ネットワーク
入場料:全席自由/一般1,500円・高校生以下500円
※当日各200円増・税込

■アマチュアバンドライブ ハーティーわかあゆLIVE!!2023
地元を中心に活動するアマチュアバンドが、熱気あふれるパフォーマンスをお届けします。J-POPやハードロックなど、さまざまなジャンルを一度に楽しめるボリュームたっぷりのコンサートです。ぜひ、会場で熱いエールをお送りください。
日時:令和5年3月5日(日)10時から
場所:ハーティーセンター秦荘大ホール
入場料:全席自由/無料

■トイレ工事につき、ご迷惑をおかけします。
館内のトイレ改修工事により、11月中旬から3月下旬にかけて、ホールやサークル室などのご利用を制限、またはお断りすることがございます。
詳細につきましては、お問い合わせください。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、急遽公演を延期・中止することがございます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU