ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

建物の劣化が進む前に『空き家』をご紹介ください

5/32

滋賀県日野町

◆空き家・空き地情報登録制度
町内にある空き家等を所有者に登録していただき、買いたい(借りたい)方に紹介する制度で、令和2年3月末までに57世帯142人が日野町に移住されました。
この制度は、町と協定を結んでいる滋賀県宅地建物取引業協会に所属している宅建業者の仲介のもと、安心して交渉や契約等ができる仕組みとなっています。
皆さんの地域にある空き家を有効活用できるよう、空き家を所有されている方に空き家・空き地情報登録制度をご紹介ください。
また、町内に所有されている空き家を「売りたい」「貸したい」とお考えでしたら、役場3階企画振興課企画人権担当までお気軽にご相談ください。

◇平成21~令和元年度の成約状況
契約件数 57件
移住者数 142人

◆空き家放置の問題点
◇防犯は?
空き巣・不法侵入
◇獣害は?
害虫・動物の棲み処
◇衛生上は?
異臭・ゴミの不法投棄
◇近隣トラブルは?
樹木や雑草の繁茂
◇安全は?
屋根の落下・建物の倒壊
空き家は全国的に増えており、日野町でも年々増加しています。
空き家を活用することで、空き家の問題点が解決でき、地域の活性化にもつながります。

◇町内の空き家の数(空き家等実態調査の結果)

◇制度のイメージ

◆自治会活動の説明
空き家等の購入を希望される方には、自治会から提供いただいた情報をもとに自治会活動への理解を促し、自治会活動等について地元から説明を受ける機会を設けています。

◆移住者の声
☆制度の良かったところ
・購入する前に自治会の方とお話をすることができ、安心して移住することができた。
・自分で空き家を探すことが難しかったが、制度を利用することで見つけやすかった。
☆移住して良かったところ
・近所の方が好意的に接してくれること。
・自治会等に参加して地域の方と交流するようになり、子ども達にも声をかけてもらえたりすること。
・自然豊かな環境で子育てができること。

問い合わせ先:企画振興課 企画人権担当
【電話】0748-52-6552

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU