ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

〈特集〉絵本のある暮らし(1)

1/61

滋賀県近江八幡市

1冊の絵本が持つ力は、私たちが想像する以上に大きく、子どもたちの生きる力につながります。幼い時期の「生きた言葉」の体験は、子どもたちの心や言葉を育てます。
1日のわずかな時間でもかまいません。テレビやパソコン、スマホから離れて、親子で絵本を楽しんでみませんか。

◆絵本に触れ合える環境を
市では、第2次近江八幡子ども読書活動推進計画を策定し、平成31年度から令和5年度までの5年間で大切にしたい4つの読書活動として、「続ける読書」、「学べる読書」、「つながる読書」、「心あそばせる読書」を挙げ、家庭や地域、校園所などで、日常的に読書に親しんでいます。

◇ブックスタート
ブックスタートは、すべての赤ちゃんのまわりで楽しくあたたかいひとときがもたれることを願い、一人ひとりの赤ちゃんに絵本を開く楽しい体験と一緒に絵本を手わたす活動です。
市では、市内に生まれたすべての赤ちゃんを対象に、市民保健センターで実施する4カ月児健診時に絵本を一冊プレゼントしています。

《ふるさと納税の寄付金で絵本を充実》

◇絵本に囲まれて育つ子ども推進事業
市内の保育所(園)・認定こども園・小規模保育事業所・家庭的保育事業所・幼稚園へ新しく絵本を購入し、絵本環境を充実させることにより、健やかで心豊かな子どもの育成を図ります。

◇本のまち!動く図書館事業
移動図書館車を導入し、市内の各ステーション(遠隔地の校園、各コミュニティセンターなど)を定期巡回します。また、本市には多くの観光客が訪れることから、市内のイベントなどに出向き、どのような場所でも、誰もが本に触れあえる環境づくりと読書の普及を図ります。

◇図書館でのおはなし会
図書館司書や地域のボランティアグループが子どもたちといっしょに、絵本やわらべうた、手遊びを楽しみます。
・第1金曜日「絵本の時間」(安土図書館)
・第2土曜日「おはなし研究会おはなし会」(近江八幡図書館)
・第3水曜日「おはなしメリーゴーランド」(近江八幡図書館)
・第3土曜日「安土童話クラブおはなし会」(安土図書館)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面の間休止します。

◇就学前施設で絵本と出会う
市内の保育所(園)・認定こども園・幼稚園をはじめとする就学前施設では、子どもたちが絵本に触れ合うきっかけづくりをしています。例えば、図書館では、公立幼稚園、認定こども園・保育所へ隔月で図書館からのおすすめ絵本セットをお届けしています。子どもたちが絵本を持ち帰ったら、一緒に絵本の世界を楽しんでください。字が読めるようになっても、大人が読んであげてください。また、桐原保育所では、毎日が忙しく過ぎる中、親も子もほっとできるような絵本の時間を楽しんでほしいと第2・4水曜日の月2回、お迎えにきた親と子どもで一緒に絵本を選んでもらい貸し出しています。さくらっこ保育園では週3回、地域のボランティアの皆さんによる絵本や紙芝居などの読み聞かせが行われています。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU