ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

トクする防災 Vol.5 万一の災害時の避難生活(暑さ編)

6/61

滋賀県近江八幡市

あなたは、避難生活と聞いてどんなことが思い浮かびますか?
「不安」「ストレス」・・・・・
今回は、避難生活を送る上での暑さ対策について、知識や知恵をクイズに答えながら学びましょう。

《第1問》 夏の暑い季節に、避難生活を送ることになった場合、何に注意が必要?
(1)熱中症や脱水症状 (2)食中毒 (3)フィジカルディスタンス(身体的距離)

《第2問》 少しでも暑さを和らげる便利グッズは?
(1)うちわ (2)冷却ジェルシート (3)蚊取り線香

(第1問の答え)全て正解です。
電気が止まったらエアコンや冷蔵庫は使えません。熱中症予防のために、窓を開け風通しを良くし、3密(密閉・密集・密接)を避けましょう。水分補給はこまめに。食べ物の腐食も進みやすいので、食中毒や衛生にも気を付けましょう。

(第2問の答え)(1)と(2)
水や電気を使わず涼感を得るなら、熱を出したときに額などに貼る冷却ジェルシートやジェルマットが便利ですので、ぜひ備蓄を。うちわや扇子などの涼感グッズの併用もいいですね。

気象庁ホームページでは、「自らの命は自らが守る」ための基本的な知識と、災害時のとるべき行動を学べるよう、インターネットでの学習教材(eラーニング)が無料で公開されています。
台風や豪雨などへの備えとして、また自助による防災意識を高めるため、家庭や自治会、自主防災組織などで活用してみてください。
気象庁【HP】https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/jma-el/dounigeru.html

問合せ:近江八幡市消防団OFL分団(危機管理課内)
【電話】33-4192【FAX】33-4193

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU