ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

ふれあいプラスワン -ひとり親家庭をサポートするセンターができました!-

5/16

滋賀県

ひとり親家庭の様さまざま々な悩なやみに対応するため、県では、平成30年10月「滋賀県ひとり親家庭総合サポートセンター」を開設しました。

◆ひとり親家庭が抱(かか)える悩(なや)み
平成30年4月現在、県内の母子家庭と父子家庭を合わせた、ひとり親家庭は1万4560世帯です。
県が平成30年度に行った、ひとり親家庭の生活実態調査では、「親ひとりと子のみの世帯」が母子家庭で65・8%、父子家庭で56・0%となっています。

また、悩(なや)んでいることのトップは「生活費」、次に多いのは「子どものこと」でした。身近に相談相手がいない中で、生計の維持(いじ)と子育てを一人で担っている方が多くおられます。就労支援(しえん)だけでなく、生活や子育てのことなども相談できる場が必要であることがわかります。

◆どんなことでも相談を
こうした実態に対応するため、サポートセンターを開設しました。生活のことや子育てのこと、仕事のこと、住まいのことなどの様々(さまざま)な相談に専門の相談員が対応します。また、これから離婚(りこん)を考えておられる方も相談いただけます。どんな悩(なや)みでも、気軽にお電話ください。ご希望があれば面談もします。また、メールでの相談も受け付けています。
まずはじっくりとお話をお聞きし、必要に応じて市町の窓口や専門の支援(しえん)機関におつなぎします。

〇滋賀県ひとり親家庭総合サポートセンター 相談無料
2名の相談員が対応
住所:大津(おおつ)市におの浜(はま)4-3-26 滋賀県母子福祉施設(ふくししせつ)のぞみ荘(そう)内
相談日;毎週月曜日~金曜日、毎月第1・第3土曜日 午前9時~午後5時 
(祝祭日、年末年始は休業)
【電話】077-526-8801
【E-mail】support@nozomi-kai.com

【一人で悩なやまず気軽にご相談ください】
仕事も家事も一人でがんばりすぎて体調を崩(くず)したり、子どもが一人で過ごす時間が増えたりするケースが多いです。一人で抱(かか)えこまず、ささいなことでもセンターに電話をしてください。具体的な悩(なや)みではなく、話を聞いてほしいというだけでも構いません。あなたに寄り添(そ)い、時間をかけて話をお聞きします。

また、支援(しえん)制度の説明だけでなく、相談者の状況(じょうきょう)をお聞きしながら、解決に向けて何ができるかを一緒(いっしょ)に考えます。答えが見つからなくても、話すことで気持ちが楽になることもあります。個人情報は厳重に扱(あつか)っていますので、安心して相談してください。

【交流カフェ】 参加無料
センターでは、県内在住のひとり親家庭の親を対象に、同じ立場の方同士で悩(なや)みを打ち明けたり、情報交換(こうかん)したりする場として、「交流カフェ」を開催(かいさい)しています。
健康や家計などの暮らしに役立つ講演と、お茶を飲みながら交流する時間もあります。お子さんの託児もあります(要予約)。
気軽にご参加ください。

〇3月開催(かいさい)の交流カフェ 参加募集
日時: 3月16日(土) 13:30 〜 16:00
場所:滋賀県母子福祉施設「のぞみ荘」
テーマ:アンガーマネジメントのススメ

詳しくはホームページをご覧ください。
【HP】ひとり親交流カフェ

問合せ: 県庁子ども・青少年局
【電話】077-528-3550
【FAX】077-528-4854
【E-mail】em00@pref.shiga.lg.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル