文字サイズ
自治体の皆さまへ

やまとの話題(1)

12/36

熊本県山都町

■蘇陽小で「スクールミュージアム」開催
12月7日、蘇陽小学校で熊本県立美術館による「スクールミュージアム」が開催されました。これは本物の美術作品の鑑賞を楽しんでもらおうと小中学生・高校生を対象に同美術館が毎年開催しているものです。
御船町出身の版画家、浜田知明の「ボタンB」や「噂」、マルク・シャガールの「黄色の道化師」などの版画作品18点が会場となった体育館に並びました。
昼休みには児童が自由に見学できるよう会場が開放されたほか、5年生・6年生向けに鑑賞授業も実施。授業では、作品の生まれた背景や作者の生涯を学んだり、展示作品からおすすめの作品を選び発表したりして作品への理解を深めました。
児童たちはクラスメイトと作品について話し合ったり、学芸員さんに解説を受けたりしながら興味深そうに作品を眺めていました。

■令和3年度「税の作品」会長賞を町内中学生が受賞
租税教育の一環として、熊本東地区税務関係団体長連絡協議会が毎年、管内の中学生を対象に「税に関する作品」の募集を行っており、応募数1,933作品の中からポスターの部と作文の部にて、山邉さん(蘇陽中)と熊川さん(矢部中)が会長賞を受賞しました。

■宝くじ助成事業で整備しました!
上司尾地区は、コミュニティ助成事業の一般コミュニティ助成事業により、街灯(防犯灯)のLED灯を整備されました。
本事業は、(一財)自治総合センターが宝くじの社会貢献広報事業として、宝くじの受託事業収入を財源に地域のコミュニティ活動の充実、強化を図ることにより、地域社会の健全な発展と住民福祉の向上に寄与することを目的として実施されています。今回の整備により、上司尾地区のさらなる活動の活性化と地域の安心・安全の向上が期待されます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU