文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ掲示板ーくらし(4)ー

10/43

熊本県熊本市

◆消費者トラブル注意報!
違法な廃品回収業者にご注意ください。

◇トラブル事例
・「不用品を無料で処分します」と書かれた広告を見て回収を依頼したが、トラックに積み終えたとたん高額な積み込み料を請求された。
・「定額パックだから追加費用なし」と言われていたのに、後から運搬費やリサイクル料金を請求された。

◇トラブル防止のポイント
・一般廃棄物の収集・運搬は市町村の許可を受けた事業者しか行えません。安易に廃品回収業者に処分を依頼することは、トラブルにつながる場合もありますので注意が必要です。
・無料や定額で済むと思っていても実際はさまざまな理由で追加料金を請求されることがあります。作業前に見積もりを取るなど条件をしっかり確認しましょう。

消費者トラブルで困ったら、一人で悩まず、迷わずご相談ください。
相談時間:月~金(年末年始・祝日を除く)午前9時~午後5時

問合せ:消費者センター
【電話】353-2500

◆高齢運転者の踏み間違い防止装置とドライブレコーダー購入・設置費用の補助があります!
現在、県内で踏み間違い防止装置(最大2万円)とドライブレコーダー(最大1万円)の購入・設置費用の補助を行っています。希望の方は、協力店舗(カー用品販売店や自動車販売店)へご相談ください。
内容:協力店舗で令和4年8月30日から令和5年2月28日までに購入・設置が完了した装置への補助
対象:県内在住の高齢運転者(65歳以上)
詳しくは、県ホームページへ。

問合せ:
県庁くらしの安全推進課【電話】333-2293(平日午前9時~午後4時)
生活安全課【電話】328-2397

◆年末年始の犯罪を防止しましょう
年末年始は人の流れが活発となり、強盗や「電話で『お金』詐欺」、わいせつ事案等のさまざまな犯罪が発生しやすくなる時期です。また、忘年会等で繁華街等に人が集まることから、悪質な客引き等が横行するおそれがあります。客引きに付いて行った結果、客引きの説明金額と実際の請求金額が違ったり、高額な請求をされたりしたという事例もあります。客引きは絶対に利用せず、防犯意識をさらに高めていきましょう。
年末年始の警戒活動期間:12月1日~来年1月3日
特別警戒活動期間:12月21日~31日

問合せ:生活安全課
【電話】328-2397

◆年末年始の交通事故防止運動について
年末年始は、人や車の動きが慌ただしくなるとともに、飲酒の機会も増え重大な交通事故の発生が懸念されます。交通事故防止を徹底しましょう。
運動の期間:12月21日(水)~来年1月3日(火)まで
運動の重点:
(1)飲酒運転等の危険運転の防止
(2)夕暮れ時と夜間の交通事故防止
(3)歩行者の安全と自転車の安全利用の確保
(4)高齢者の交通事故防止

問合せ:生活安全課
【電話】328-2397

◆犬と猫の休日譲渡(完全予約制)
日時:12月25日(日)
・犬の譲渡…午前9時半~正午
・猫の譲渡…午前10時~正午
場所:市動物愛護センター
内容:市動物愛護センターに収容している犬猫の譲渡、犬の譲渡が決定した方のみ譲渡前講習(受講済の方は不要)
対象:平日来所が困難な方
定員:各4組(先着順)
費用:犬の譲渡には、登録手数料と狂犬病予防注射料金(計6,200円)が必要
申込:12月5日から電話で市動物愛護センターへ
※譲渡希望の犬猫や譲渡条件等について、申込時に確認します。譲渡条件について詳しくは、市ホームページへ。

問合せ:市動物愛護センター
【電話】380-2153

◆犬の狂犬病予防注射は12月末までに受けさせましょう
生後91日以上の犬を飼っている方には、犬の登録と、年1回4~6月に狂犬病予防注射を受けさせることが、法律で義務付けられています(今年度は接種期間が延長されています)。
今年度、まだ注射を受けさせていない犬には、12月末までに動物病院で受けさせてください。往診を希望する方は、事前に動物病院にお尋ねください。
詳しくは、市ホームページへ。

問合せ:市動物愛護センター
【電話】380-2153

◆犬はルールとマナーを守って飼いましょう
◇鳴き声が他人の迷惑にならないように注意しましょう
犬が頻繁に吠えたり、鳴き声が大きかったりすると、周囲の人の迷惑になります。訓練士に相談するなどして対処しましょう。高齢による認知障害の夜鳴きの場合は、獣医師に相談しましょう。

◇ふん尿は必ず始末しましょう
散歩や外出の前に、家で排せつを済ませてから、出かけるようにしましょう。屋外でふんをした場合は必ず持ち帰り、尿は水で洗い流すようにしてください。

◇屋外に犬を連れて行くときは、必ずリードをつけましょう
屋外で犬を放すことは条例で禁止されています。犬を放してしまうと周囲の人にかみつく等、迷惑をかけるだけでなく、犬自身が迷子になったり、交通事故にあったりする危険性も高まります。

なお、飼い犬が人や動物をかんだ場合は、すぐに市動物愛護センターへ届け出をしてください。

問合せ:市動物愛護センター
【電話】380-2153

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU