ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

「焼ヶ山(やけやま)さん」再建〜宮大工の“卵”が上川阿蘇神社本殿再建

19/20

熊本県相良村

「焼ヶ山(やけやま)さん」は上川阿蘇神社に祀られるナマズの神様。火の神様で皮膚病などに御利益があると地域で親しまれています。本殿が5月20日(水)球磨工業高校伝統建築専攻科2年生の手で40年ぶりに再建されました。同神社の社殿は川辺地区上川上区の国道445号沿いから参道を上った所にありましたが、老朽化で約40年前に解体。御神体は同敷地内の公民館内に祀られていました。
再建には地元の氏子35戸が神社建築委員会(大塚淳六郎会長)を組織し、建築費用を積み立て地元の球磨工業高校に建築を依頼。宮大工の“卵”4名が昨年11月から同校の仕事場で造り上げ、高さ2メートル、幅1メートルの一間社流造りの銅板葺きが完成しました。
「達成感でいっぱいです。知識が深まり、基礎部分が難しかった。地域の人が喜んでくれてうれしい」と専攻科2年生の和泉皇貴(こうき)さん。大塚会長は「とても立派なものを再建してもらい感謝です。将来的には覆屋、拝殿も建設できれば」と話されました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU