ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

「風しん」の抗体検査を受けましょう!

14/20

熊本県相良村

対象者は、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性です。

■風しんとは?
風しんは、発熱及び発しんを主な症状とし、飛沫感染により人から人へ感染し、感染力が強い疾病です。妊娠中の女性が風しんに感染すると、子どもに眼や耳等の障害を含む先天性風しん症候群(CRS)が生じる可能性があります。一度風しんがまん延すると、その影響を受け先天性風しん症候群の発生も増加する傾向が見られます。

■なぜ、風しんの抗体検査をするの?
風しんの発生及びまん延の予防のためには全世代で集団免疫の獲得を達成する必要があります。
しかしながら、公的な予防接種が開始されたのは昭和52年で、当面の間、将来妊婦になる可能性のある思春期女子にあらかじめ免疫をつけ、先天性風しん症候群の発症を防ぐため、女子中学生を対象に接種が行われてきました。
このため、接種機会のなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性を中心に、風しんの抗体を持たない人が一定数存在しています。これにより、2018年7月以降、特に関東地方において風しん患者が増加しており、患者の中心は30代から50代の男性です。

■抗体検査・予防接種までの流れ
抗体検査及び予防接種が可能な医療機関は、クーポン券と同封の一覧表をご覧ください。
(1)役場からクーポン券が届きます。
(2)クーポン券を持参し、健診または医療機関を受診して下さい。
(3)抗体検査の結果が出ます。
(4)
・抗体がある場合。→(終了)
・抗体の数値が低い場合。→(5)予防接種を受けてください。(終了)
配布したクーポン券で抗体検査、予防接種を無料で受けられます。

抗体検査および予防接種のクーポン券発送は、次のとおりです。
令和元年度の対象者も、令和2年度で抗体検査ができますので、送付済のクーポン券で検査をお願いします。

※クーポン券は再発行できますので、相良村役場保健福祉課へ連絡してください。

問い合わせ:村保健福祉課保健係
【電話】0966-35-1032

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU