ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

いこい図書館

9/20

熊本県相良村

ご存知ですか?
相良村の小・中学校の図書館は児童や生徒、先生方だけではなく、地域の方も利用することができます。また紹介している本は、総合体育館の図書コーナーでも借りることができます。(7月1日から)
どうぞご利用ください!

■No.13「三びきのやぎのがらがらどん」マーシャ・ブラウン
三びきのやぎがいて、どの名前もがらがらどんです。山に草を食べに行くのに橋を渡ろうとおもいますが、橋の下にはおそろしいトロルがいて、「ひとのみにしてやろう」と待ちかまえています。やぎたちがどうやって橋をわたるのかどきどきはらはらです。何度も読んでとせがまれること間違いなしの、ノルウェーの昔話です。

■No.14「マッチうりの少女」アンデルセン
おおみそかの夜、寒い空のもと小さな少女がマッチを売っています。マッチをすべて売ってしまわないと父親にしかられるので帰れません。ですが、いそがしくしている人たちはマッチうりの少女に目もくれません。夜になり、寒さもきびしくなってきたので、少女は少しでも暖まろうとマッチに火をつけました。すると、ふしぎなことにストーブやあたたかい料理が現れ…。デンマークの童話作家アンデルセンの悲しい名作です。

■No.63「君たちはどう生きるか」吉野源三郎
好奇心旺盛な少年「コペル君」と、彼を見守る「おじさん」。貧困、いじめ、勇気、学問といったテーマに、人間としてどう向き合うべきか心温まるやりとり。マンガ版もあります。

■No.64「もものかんづめ」さくらももこ
著者が日常で体験した出来事に家族も登場し、愉快で楽しい笑いが満載のエッセイ。驚異の水虫撃退作戦、たった2ヵ月のOL生活、銭湯でのコワーイ体験…「ちびまるこちゃん」作家が綴ります。

学校開催日など、お気軽に学校図書館へお越しください♪
ご利用についてのお尋ねがあれば、各学校にお問い合わせください。
南小:冨久【電話】35-0009
北小:東【電話】36-0122
中学校:鵜口【電話】35-0050

子どもにおすすめ100冊の本は、村内小中学校・総合体育館図書コーナーで借りることができます
貸出冊数:5冊
貸出期間:1ヶ月

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU