文字サイズ
自治体の皆さまへ

第四次七尾市子どもの読書活動推進計画 子どもと楽しむ本の世界(1)

2/32

石川県七尾市

4月23日は「子ども読書の日」です。子どもの読書活動への関心と理解を深めるとともに、子どもが積極的に読書活動を行う意欲を高めることを目的に定められています。
4月から5月にかけては「こどもの読書週間(4月23日~5月12日)」や「石川県子ども読書月間(4月23日~5月22日)」など、子どもの読書に関する記念日や関連イベントが多くあります。この機会に、子どもの読書について考えてみませんか。

■読書の効果
皆さんは、普段から本を読んでいますか。子どもの頃から読書に親しむことには、さまざまな効果があるといわれています。
(1)想像力が豊かになる
(2)コミュニケーションスキルが高くなる
(3)集中力が身に付く
(4)語彙(ごい)力や読解力が伸びるなど
しかし、これらの効果に関係なく、本が好きな子どもに本を読む理由を聞くと「面白いから!」「楽しいから!」と返ってきます。子どもは何より本を読むことが楽しく、好きなのです。たった1冊の本から、子どもが読書好きになることもあります。

■七尾市における子どもと読書の現状
令和元年度に、市内の小学3年生、5年生、中学2年生を対象に行ったアンケート調査によると、令和元年11月の1カ月間で1冊も本を読まなかった児童・生徒の割合が、平成27年度から増加していました。また、小学生から中学生になるにつれて、読書をしなくなる傾向があることも分かりました。
認定こども園・保育園の年長児を持つ保護者に対して行ったアンケート調査では、読書が好きな保護者の割合が減少傾向にあることも分かっています。

▽読書が好きな保護者の割合(認定こども園・保育園の年長児を持つ保護者)

■「第四次七尾市子どもの読書活動推進計画」を策定しました。(令和3~7年度)
子どもたちがより豊かな人生を送ることを願い、読書に親しむ機会の充実と環境の整備を図ることを目的に策定。子どもの成長に関わる全ての機関や団体が連携し、子どもと読書をつなぐ活動ができるよう、それぞれの役割と取り組む基本方針を示しています。

(1)子どもの成長にあった読書活動の推進
発達段階に応じた本と親しむ機会をつくることで良い読書習慣が身に付くと考えられるため、年代別に子どもの読書活動を推進します。

▽乳幼児
どの絵本を読んだらいいか迷っている保護者へ、おすすめの絵本や図書館の情報を発信します。

▽小中学生
子ども同士がおすすめの本を紹介できる機会をつくります。同世代の子どもが読んでいる本を知ることで、読書の幅が広がります。

▽中高生
子ども自身が同世代に読書の情報を発信する活動を進めます。書評合戦(ビブリオバトル)のように、おすすめの本を紹介し合い、一番読みたくなった本を決定する、ゲーム性のある活動などを実施します。

▽障害のある子ども
点字絵本や布の絵本などのバリアフリー絵本(障害の有無にかかわらず楽しめる絵本)を充実させます。

(2)本を読む意味・大切さを伝える啓発活動
子どもは、読書する大人の姿を見ることで読書意欲が高まるため、子どもにとって身近な大人に、読書活動の意義への理解を深めるよう普及啓発活動に努めます。
・各保護者会(七尾市PTA連合会など)を対象とした講座や講演会を実施。

(3)子どもを取り巻く読書環境の整備
乳幼児期から本に親しむことができる環境づくりを推進します。また、電子メディアの普及や新しい生活様式などによる、子どもを取り巻く読書環境の変化を調査・分析し、新しい読書環境を整備します。
・ケーブルテレビやスマートフォン(動画配信サービスなど)を活用した番組を作成し、絵本コーナーの広報・宣伝方法として会員制交流サイト(SNS)の活用を検討。

(4)子どもの読書をみんなで考えるネットワークづくり
子どもと読書をつなぐボランティアの養成と拡充のため、養成講座や交流会を開催するなど、各機関や団体が一体となって取り組み、情報を共有しながら協力体制を確立します。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU