文字サイズ
自治体の皆さまへ

高額医療・高額介護合算制度

12/30

神奈川県 大和市 クリエイティブ・コモンズ

【年間の限度額を超えた場合にその差額が支給されます】
「高額医療・高額介護合算制度」(以下「高額合算制度」)は、同一世帯の1年間(毎年8月~翌年7月)の医療費と介護サービス費(総合事業分を含む)の自己負担額の合計が限度額を超えた場合、その差額が支給される制度です。制度の利用には申請が必要です。

■医療保険と介護保険の両方に自己負担額がある世帯が対象
この制度は、医療保険と介護保険の両方に自己負担額がある世帯が対象です。合算の対象になるのは、同一世帯で同じ医療保険に加入している人の医療費、介護サービス費の自己負担額から、高額療養費・高額介護サービス費として戻った額を差し引いたものです。
自己負担額が医療保険と介護保険の一方のみである場合は対象となりません。
高額合算制度の自己負担限度額は年齢と所得に応じて設定されています(下表参照)。なお、食事代や保険適用外の費用は対象となりません。

▽70歳未満(※1)

▽70歳以上(※1)

※1 年齢は令和2年7月31日時点。
※2 「基礎控除後の総所得金額等」に当たる額。

■対象期間や申請先など
今回対象となる期間は令和元年8月~同2年7月(以下「対象期間」)です。申請先は昨年7月末(対象期間中に亡くなった人は死亡日)時点で加入していた健康保険です。
次の(1)・(2)いずれも、昨年7月末時点でほかの保険に加入していた人でも、対象期間中に大和市国民健康保険または神奈川県後期高齢者医療制度に加入し、自己負担がある場合は、「自己負担額証明書」の交付申請が必要となります。

(1)大和市国民健康保険または神奈川県後期高齢者医療制度(以下「大和市国保等」)の加入者
申請:対象者には3月から順次、お知らせまたは申請書を送付します。郵送または直接市役所保険年金課で手続きしてください。
※対象期間中に市外から転入した人や、大和市国保等以外の健康保険から移行した人には書類が送られない場合があります。詳しくは保険年金課へお問い合わせください。

(2)大和市国保等以外の健康保険の加入者
申請:それぞれの健康保険にお問い合わせください。申請には、大和市介護保険の「自己負担額証明書」が必要です。詳しくは市役所介護保険課へお問い合わせください。

問合せ:
いずれも
【FAX】260-5158

▽国民健康保険について
市役所保険年金課保険給付係
【電話】260-5115

▽後期高齢者医療制度について
同課高齢者保険係
【電話】260-5122

▽介護保険について
市役所介護保険課給付係
【電話】260-5168

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU