ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

「アウトリーチ支援」を開始「どうしたらよいかわからない」へ支援を届けます

1/40

神奈川県 座間市

引きこもりや仕事、人間関係が続かないなどの生きづらさの背景には、さまざまな理由があります。本人や家族の「どうしたらよいかわからない」想いへ、専門の相談員が訪れ、寄り添い「どうしたらよいか」を一緒に考えます。

■どんな支援がありますか
▽専門家の訪問
専門相談員が訪問し、どのように接したらよいのか、どのような支援が必要か考えます。

▽伴走型の支援
一人一人の個性やペースに合わせ、何が必要か、何ができるかを一緒に考えます。

▽支援の連携
仕事、お金、住まい、病気、人間関係の事など必要な支援と連携をします。

■こんな方がいませんか
・人と会うことが嫌だ・いつも人とトラブルになってしまう
・生きていても意味がない・頼れる人がいない・誰からも理解されない
・生活の先行きが見えない・何かの障がいがあるかもしれない

■アウトリーチ支援とは
本人だけではなく、家族や関係者から相談のあった課題に対して、精神保健福祉の資格を持つ相談員が訪問します。つながりができた後も支援を継続し、相談に同行するなど、丁寧に信頼関係を築き、必要な支援へつなげます。

■話を聞いてみたい
本人や家族以外の方(親戚・近所の方など)からの相談を受け付けています。気軽にご連絡ください。相談の秘密は固く守ります。
相談先:生活援護課
【電話】046-252-8566【FAX】5046-252-7043
受付日時:月曜〜金曜日午前8時30分〜午後5時15分

担当:生活援護課
【電話】046-252-8566【FAX】046-252-7043

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU