ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

緑税務署から確定申告のお知らせ

7/28

神奈川県 横浜市緑区 クリエイティブ・コモンズ

◆平成30年分の確定申告の申告・納付期限
(1)所得税等:2月16日(土)~3月15日(金)(口座振替日:4月22日(月))
(2)贈与税:2月1日(金)~3月15日(金)
(3)個人事業者の消費税等:4月1日(月)まで(口座振替日:4月24日(水))

◆緑税務署の申告書作成会場
日時:2月18日(月)~3月15日(金)9時15分~17時(8時30分~16時受付)
※土日は閉場。ただし2月24日・3月3日(日)は開場。混雑状況により16時より前に受付を終了する場合あり。4月中旬まで、緑税務署の駐車場は利用不可
※過去に電子申告を利用したことがある場合は、利用者識別番号等のわかる書類(暗証番号を含む。)
※税務署には利用可能なコピー機はありません

◆配偶者控除が見直しされました
税制改正により、平成30年分の確定申告から、合計所得金額が1千万円を超える人は配偶者控除が適用されません。

◆医療費控除を受けるための手続きが変わりました
平成29年分の確定申告から、領収書の添付または提示の代わりに医療費控除の明細書の添付が必要です。
※医療費の領収書は自宅で5年間保存する必要あり(税務署から求められたときは、提示または提出しなければならないため)。平成31年分までの確定申告については、医療費の領収書の添付または提示も可

◆マイナンバーについて
所得税・消費税等・贈与税の申告書は、税務署へ提出する都度、マイナンバー(個人番号)の記載と本人確認書類の提示または写しの添付が必要です。
※郵送で申告書を提出する場合は、マイナンバーカードの写しまたは通知カードと本人確認書類の写しを添付。自宅からe-Taxで送信する場合は、本人確認書類の提示または写しの提出は不要

◆税理士による無料申告相談(車での来場不可)
受付:9時15分から
相談:9時30分~16時(休憩:12時~13時)
1月24日(木)・25日(金)十日市場地区センター(JR横浜線十日市場駅)
1月29日(火)・30日(水)都筑公会堂(市営地下鉄センター南駅)
1月31日(木)・2月1日(金)緑公会堂(JR横浜線・市営地下鉄中山駅)
2月5日(火)・6日(水)山内地区センター(田園都市線・市営地下鉄あざみ野駅)

対象:
(1)緑・青葉・都筑区に納税地がある人
(2)事業・不動産・雑所得があり平成30年分の所得金額が300万円以下の人の所得税等
(3)上記(2)に該当する個人事業者の消費税等
(4)年金や給与所得が800万円以下の人の所得税等
※土地、建物や株式の譲渡所得があるなど、相談内容が複雑な場合を除く
持ち物:源泉徴収票・医療費控除の明細書等の確定申告に必要な書類、筆記用具、電卓、印鑑、マイナンバーについての本人確認書類、過去の電子申告の利用者識別番号・暗証番号(該当者のみ)、本人名義の金融機関口座番号の分かるもの、前年分の確定申告書等の控え
※簡易課税制度を選択している消費税の相談予定者は選択届出書の控え
〈申告書等の提出のみの場合は、直接税務署に提出してください(郵送可)〉

◆ふるさと納税
ふるさと納税のワンストップ特例制度を申請した人で、6か所以上の自治体にふるさと納税を行った場合や、確定申告を行う場合には、ふるさと納税全ての金額を寄附金控除額の計算に含めて確定申告する必要があります。

◆公的年金等を受給している人
公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の場合は、所得税および復興特別所得税の確定申告をする必要はありません。
※所得税および復興特別所得税の確定申告の必要がない場合であっても、住民税の申告が必要な場合があります。住民税については税務課へ問い合わせてください

問合せ:緑税務署個人課税部門
(【電話】045-972-7771)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU