文字サイズ
自治体の皆さまへ

はまピョンの水道だより 第3回 水道管の凍結防止を行いましょう!

17/20

神奈川県 横浜市緑区 クリエイティブ・コモンズ

水道局から「水道」に関する情報をお伝えします!
冷え込みが厳しくなると、水道管が凍ったり破裂したりすることがあります。
寒波が予想される場合などに凍結を防ぐ方法を実践してみませんか。

■凍結しやすい水道管
・屋外にむき出しになっている管
・家の北側にあり、陽の当たらないところにある管
・風当たりの強い場所にある管※特に-4℃以下になるときには注意が必要です

■家庭でできる凍結予防
厚手の布や市販の発泡スチロール系保温チューブなどを水道管に巻きつけ、ビニールテープ等で固定して、直接冷気を受けないようにしてください。

・露出している水道管
・発泡スチロール系保温チューブを巻きます
・ビニールテープ等で固定します

■水道管が凍ってしまったら…
自然に溶けるのを待つか、凍ってしまった部分にタオルなどをかぶせて、ゆっくりとぬるま湯をかけてください。

注意
(1)急に熱いお湯をかけないこと!
急に熱いお湯をかけると、管や蛇口が破裂したり、傷んだりすることがあります。
(2)蛇口は必ず閉めること!
凍結して水が出ない場合も必ず蛇口を閉めてください。溶けた後に水が出続けてしまいます。

問合せ:水道局お客さまサービスセンター
【電話】045-847(はちよんなな)-6262
【FAX】045-848-4281

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU