文字サイズ
自治体の皆さまへ

確定申告をお忘れなく!所得税と市・県民税の申告は3月15日までに行いましょう!(2)

6/30

福井県あわら市

■税務署からのお知らせ
▽確定申告会場は2月16日(火)から!
三国税務署での申告相談の受付期間は、令和3年2月16日(火)から3月15日(月)です。
本年の確定申告は、新型コロナウイルス感染防止および、確定申告会場の混雑緩和のため、会場への入場の際に、「入場整理券」が必要となります。「入場整理券」の配布状況に応じて、後日の来場をお願いすることがありますので、申告の準備はお早めにお願いします。
※ご自身で作成された還付申告書は1月から受け付けしています。

▽電話でご相談ください!
1月14日(木)から3月15日(月)までの期間中、「確定申告コールセンター」にて所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税、贈与税の確定申告に関する質問や相談にお答えします。
三国税務署に電話(【電話】81-3211)し、自動音声案内に従い「0」を選択してください。
また、国税庁ホームページの「タックスアンサー」では、税に関する身近な情報をお届けしています。携帯電話からも接続可能です。

▽感染リスク軽減のため「ご自宅からe-Tax(イータックス)」をご利用ください!
国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」では、画面の案内に従って入力するだけで所得税や消費税の申告書、収支内訳書や青色申告決算書などが作成できます。
特に給与所得がある人、年金収入や副業などの雑所得がある人などは、国税庁ホームページのスマートフォン専用画面から、該当する項目に金額を入力することで簡単に申告書の作成ができますので、ぜひご活用ください。

▽マイナンバーの記載が必要です!
申告書には、マイナンバーの記載と本人確認書類の提示または写しの添付が必要です。
動画で見る確定申告:「確定申告書等作成コーナー」からe-Tax(イータックス)で確定申告する方法を動画で見ることができます。

問合せ:三国税務署
【電話】81-3211(自動音声案内)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

確定申告をお忘れなく!所得税と市・県民税の申告は3月15日までに行いましょう!(1)

5/30

福井県あわら市

令和2年分の所得税と市・県民税の申告相談は、2月16日(火)から3月15日(月)までです(土・日・祝日は除く)。
期間中、次のとおり申告相談窓口を設けますので、期限までに申告してください。

■相談会場など

■市役所会場地区別相談日程
感染拡大防止と混雑緩和のため、次の日程に合わせて申告されるようご協力ください。

■税務署での申告が必要な人
以下に該当する人は、市役所の会場では相談に応じられません。税務署で確定申告をしてください。
・青色申告の人
・雑損控除を受ける人
・給与収入2000万円以上の人
・住宅ローン控除(初年度)の申告がある人
・土地や建物、株式などを売却された所得(譲渡所得)がある人

■感染拡大防止対策にご協力ください
・マスクの常時着用、出入り口での消毒をお願いします。
・発熱などの症状がある人や体調のすぐれない人は、地区別相談日程にかかわらず、日を改めてお越しください。
・会場には、必要最少限の人数でお越しください。

■所得税の確定申告が必要な人
・事業所得(農業所得など)や不動産所得などがある人で、確定申告をすることにより所得税が加算して課税される人
・給与の収入金額が2000万円を超える人
・給与所得のある人で、給与所得および退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える人
・2カ所以上から給与を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と、給与所得および退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える人
・年金所得のある人で、確定申告をすることにより所得税が加算して課税される人

■市・県民税の申告が必要な人
令和3年1月1日現在あわら市に住民登録のある人は、所得の有無にかかわらず市・県民税の申告が必要です。ただし、次に該当する人は申告する必要はありません。
・所得税の確定申告をする人
・給与所得、年金所得のみの人で、その支払者から支払報告書が提出されている人
・控除対象配偶者または扶養親族として扶養控除の対象にされている人で、所得のない人

■申告相談に必要なもの(主なもの)
・マイナンバーカード
※持っていない人は、通知カードと運転免許証または保険証などの本人確認書類を持参してください。
※扶養親族、事業専従者のマイナンバーが分かるものを持参してください。
・印鑑(認印)
・給与や公的年金などの源泉徴収票
※令和2年の収入分の全てをご用意ください。
・事業所得(農業など)や不動産所得がある人は収支内訳書
※必ず記載してから確定申告をしてください。
・医療費控除の明細書(医療費控除を受ける人)
※医療費控除を受けるには、人ごとかつ医療機関ごとに金額を集計した明細書が必要です。必ず事前に整理し、金額を記載したものを持参してください。
・社会保険料(国民年金保険料など)や生命保険料・地震保険料などの控除証明書
・介護保険による障害者控除対象者認定書(該当する人)
・申告者本人の金融機関の口座番号(所得税の還付申告をする人)

問合せ:税務課市民税G
【電話】73-8011

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU