ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

もしも今、災害が起こったら?災害時の避難と新型コロナウイルス感染症対策について

9/26

福井県南条郡南越前町

新型コロナウイルス感染症の第2波が懸念される中、大雨や台風などの災害が起きたらどうすればよいのか、日頃からの備えと災害時の避難行動を改めて確認しておきましょう。

■町民の皆さまへのお願い
町では、避難所での感染予防対策の徹底や、3つの密「密閉、密集、密接」の回避など、感染リスクを下げる取り組みを行います。
町民の皆さまには、避難所における感染拡大を防止するため、以下のことにご協力をお願いします。

□[事前の準備]持ち出すものを準備しましょう
・一般的な非常用持ち出し品に加えて、マスク、体温計、せっけん、消毒液、ウェットティッシュ、オーラルケア用品(うがい薬等)など、感染予防に効果的なものを避難時に持ち出せるよう、普段から備えましょう。

□[避難前]避難先・避難方法を確認しましょう
・災害の種類、状況などによって、最適な避難先、避難方法は異なります。ハザードマップなどにより、普段から自宅周辺の災害リスクを確認しましょう。
一例として、水害が発生した際に、自宅が安全な場所にある場合は、2階などの高所に避難することが有効です。
・避難所において、3密の環境が発生することが懸念されます。車中泊やテント泊が可能な場合や、安全な場所に親戚・知人宅がある場合は、そちらをご活用いただくなど、避難所の過密状態緩和にご協力をお願いします。

□[避難所入所時]体調が悪いときは避難所職員に知らせましょう
・避難所入所の際は、問診・検温にご協力ください。
・発熱、咳、のどの痛みなど、体の不調を感じる場合は、速やかに避難所職員にお知らせください。
・新型コロナウイルスに感染された方と濃厚な接触があった方につきましては、保健所を通じて指定宿泊施設にご入所いただく場合がありますので、ご理解とご協力をお願いします。
・発熱などの症状がある方につきましては、かかりつけ医や保健所に連絡・相談させていただくとともに、他の方と居住スペースを分け、専用スペースでお過ごしいただきます。
・要配慮者の方につきましては、状況に応じ、福祉避難所をご案内させていただく場合があります。

□[避難所内]予防を心がけましょう
・避難所内では、手洗い・手指消毒、マスクの着用(就寝時も含む)、咳エチケットを徹底してください。
・密集状態を避けるため、お互いに2m以上の距離を取るようにしてください。

■非常用持ち出し品チェックリスト(例)
※こちらのチェックリストは一例です。日頃から準備しておき、いつでも持ち出せるようにしましょう。

問合せ:総務課防災安全室
【電話】0778-47-8016

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU