文字サイズ
自治体の皆さまへ

ふるさと散歩道

4/38

福井県鯖江市

鯖江市に関する郷土資料などを紹介します。ふるさとの歴史を散歩しているような気分でご覧ください。

■第323回 ー通史編現代(31)未来へ進む「さばえ」
毎年1月15日はふるさとの宝である歴史・伝統・文化・産業・自然を愛し、自信と誇りを持てるまちの創造を期する「ふるさと鯖江の日」です。鯖江市はこの記念日が定まった平成22年に市制55周年の節目を迎え、以降、まちを見つめ直す日として大切にしてきました。
さらにこの年、「鯖江市民主役条例」が施行されると、市民による市民のためのまちづくりの模索が本格的に始まりました。現在、市民団体が担う「新しい公共事業」は、提案型市民主役事業として、まちづくり活動・教育・防災・観光など幅広い分野で生かされています。
また、鯖江市は眼鏡・繊維・漆器を中心とした地場産業が盛んな「ものづくりのまち」ですが、近年ではIT分野の取り組みも盛んです。市が提供するオープンデータを活用した市民目線の公共サービスも生み出され、日々の生活はより充実したものになりました。
現在、世界はSDGs(持続可能な開発目標)のもと、多様性を重んじる社会へと歩みを進めています。未来のふるさとが愛されるまちであり続けるため、地域の個性を慈しみ、先人に思いを馳せながら、理想の未来に踏み出していきましょう。
(文化課 藤田彩)

《市制65周年ふるさと鯖江の日》
鯖江の特産物を堪能しながら、今と昔を見つめる「ふるさと鯖江の料理を楽しむ会」

※平成21年4月号から始まった通史編は今回で最終回です。次回からは文化財編が始まります。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU