ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

動物は責任を持って飼育しましょう

8/26

福岡県八女市

■9月20日から26日は動物愛護週間です
動物の愛護と適正な飼養についての関心と理解を深めるため、9月20日から26日は動物愛護週間となっています。昨年、「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され、動物の不適切な取り扱いへの対応の強化が図られています。飼主は、動物を種類、習性に応じて最後まで適正に飼養するとともに、糞尿や鳴き声などで人に迷惑をかけないように努めなければなりません。人と動物とが共に生きる社会のために、ご理解・ご協力をお願いします。

◇動物虐待(動物を殺す、傷つける、捨てる、世話を怠ること)は犯罪です!
昨年の法改正では、動物虐待に対する罰則が強化されました。動物虐待を見つけたら警察署へ連絡してください。
・愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
→5年以下の懲役または500万円以下の罰金
・愛護動物をみだりに虐待した者、愛護動物を遺棄した者
→1年以下の懲役または100万円以下の罰金

動物虐待の例示(環境省)

◇地域の猫問題について~地域から嫌われる猫をつくり出していませんか?
飼主のいない猫(ノラ猫)に、「かわいそうだから」「かわいいから」と無責任なエサやりを行うと、
・繁殖を繰り返して、飼い主のいない猫(ノラ猫)が増えます。
・フン尿などの悪臭、鳴き声、ノミダニの発生などさまざまな迷惑を周囲に及ぼすだけでなく、かわいそうだからと思ってエサをあげていた猫が地域から嫌われることになります。このようなことにならないように、次のとおりお願いします。
(1)自分が飼い主となり、家の中で飼うことや、新しい飼い主探しをしましょう。
(2)飼い主等にはなれないが、それでもエサやりをするのであれば、
(ア)猫用トイレを近隣の人に迷惑のかからない場所に設置し、そこでふん尿をするようにしつけましょう。また、近隣でふん尿をしたら進んで掃除をしましょう。
(イ)エサをあげる場所は、近隣住民に迷惑がかからない場所に固定し、食べ残しはすぐ片付けましょう。
(ウ)これ以上、飼い主のいない猫が増えないよう、不妊去勢手術を受けさせましょう。
飼い主のいない猫にエサを与えている人は、その行為によって起こる影響を認識し、地域住民への配慮を忘れないようにお願いします。

◇新しい飼い主を待っている犬と猫がいます
保護犬、保護猫について聞いたことがありますか。
捨てられたり、迷子になったりして保健所に収容されたあと、動物愛護団体などに保護されている犬猫たちをいいます。
今、犬や猫を飼う新たな選択肢として「保護犬、保護猫を引き取る」ことが注目されています。保護犬、保護猫に関心をお持ちの人、家庭に迎えることをご検討の人は次の団体ホームページをご確認ください。
・県登録譲受団体 チームSAKURA(八女市、筑後市、大川市などで活動)
【HP】https://team-sakura.jimdofree.com/
※譲渡条件、医療費負担金があります。
※当日の引き渡しはできません

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU