文字サイズ
自治体の皆さまへ

「マダニ」による感染症に注意しましょう

13/24

福岡県八女市

ウイルスを保有しているマダニにかまれることでSFTS(重症熱性血小板減少症候群)、日本紅斑熱などの感染症を発症することがあります。マダニは民家の裏山や裏庭、畑、あぜ道などに生息しています。

■マダニ対策のポイント
(1)マダニにかまれないよう工夫する
・腕や足、首など、肌の露出を少なくする。(例:帽子や手袋を着用、首にタオルを巻く、シャツの袖口は手袋の中、裾はズボンの中に入れる、ズボンの裾は長靴の中に入れる、裾に靴下を被せる)
・作業着は玄関先で脱ぎ、家の中に持ち込まない。(ガムテープで服についたマダニを取り除く)
・服の装備に加え、マダニに対する忌避剤(虫よけ剤)を使用する。

(2)屋外活動後は、シャワーを浴びるなどでマダニにかまれていないか確認する

(3)マダニにかまれたら、無理に引き抜かず、医療機関で処置を受ける。かまれた後、発熱や発疹等の症状があった場合には、すぐに医療機関を受診する

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU