文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルスワクチン接種 12歳以上の人の接種を進めています(2)

3/24

福岡県八女市

■八女市コロナウイルスワクチン接種コールセンター
(予防接種の予約、相談)
受付時間:9時~17時(平日・土・日・祝日)
電話番号(フリーダイヤル)
【電話】0120・567・518

○QRコード(本紙またはPDF版に掲載のQRコードをご利用ください)からWeb予約も可能
各種HPからも新型コロナウイルスワクチン接種の詳細情報等を確認することができます
『厚生労働省HP』『八女市HP』は、本紙またはPDF版記載のQRコードよりご覧ください。

■新型コロナウイルスワクチン、こんな場合は接種できるの?
○当日の発熱
接種の可否:×
当日、明らかに発熱(37.5°C以上)している場合は接種できません。

○他のワクチンを2週間以内に接種した場合
接種の可否:×
季節性インフルエンザ、高齢者肺炎球菌、日本脳炎(20歳未満の特例対象者)、HPVワクチン(小学校6年生~高校1年生相当女子)を2週間以内に接種している場合は、接種できません。
(新型コロナワクチン接種後2週間は、他のワクチンを接種することはできません)

○アレルギーがある場合
接種の可否:○
食物、ペット、ハウスダストのアレルギーや、薬へのアレルギーがある場合も接種は可能です。
※不安な場合は医師に相談してください。

○妊娠希望者
接種の可否:○
可能であれば妊娠前に接種をしてください。(生ワクチンではないので接種後長期の避妊は必要ありません)

○妊娠中の人
接種の可否:○
医師に相談の上、可能(産婦人科での接種が望ましい)です。妊娠中は感染による重症化のリスクがあり、接種を推奨しています。不安な場合はあらかじめかかりつけ医に相談してください。
※感染する場合の約8割は家庭内(夫やパートナーから)での感染です。同居する家族もワクチン接種を検討してください。

○授乳中の人
接種の可否:○
ワクチンの成分は母乳中に出てこないと考えられています。不安な場合は医師に相談してください。

○12歳~15歳の人
接種の可否:○
個別医療機関で接種してください。(12~15歳が接種可能な医療機関一覧は接種券に同封しています)
・保護者の付き添いについて 小学生・中学生
必ず保護者が接種に付き添ってください。(※やむを得ず保護者が同伴できない場合は接種者の健康状態を普段からよく知っている親族(例:祖父母)等が、保護者からの委任状を持参してください)
・15歳の高校生
保護者の付き添いは必須ではありませんが、保護者が予防接種の説明を読み、納得の上、予診票の「保護者自署欄」に保護者自身が名前を書く必要があります。
※満16歳以上は保護者の同意・付き添いなしでも接種できます。

○12歳未満の人
接種の可否:×
八女市で接種できるファイザー社製ワクチンは満12歳以上を対象に承認されています。

○1回目接種後副反応が出た場合
接種の可否:○
アナフィラキシーなど重い症状がなければ、強い腫れ・熱などの副反応があっても、2回目の接種は可能です。同じ場所(部位)に接種できます。

○1回目の接種後アナフィラキシーが出た場合
接種の可否:×
アナフィラキシーとはワクチン接種後短時間で以下の2つ以上の症状が出ることで、ワクチン接種はできません。
主に、皮膚・粘膜症状(発疹・発赤・かゆみ)、呼吸器症状(呼吸苦・喘鳴(ぜんめい))、循環器症状(血圧低下・意識障害)、消化器症状(腹痛・嘔吐(おうと))等になります。

問合せ:健康推進課新型コロナウイルスワクチン接種係
【電話】23・1201

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU