ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

環境のこともっと知りたい(14)

19/51

福岡県大野城市

■環境基本計画の将来像
環境分野において、市の進むべき方針やあるべき姿(将来像)を定めたものが、環境基本計画です。
現在、策定を進めている2030年までの環境基本計画の将来像は次のとおりです。

2030年へつなぐ 身近な自然をまもる大野城
-今、わたしができることから、わたしが行動する!-

◇将来像のポイント
・目指す計画年度の終わりを明示して分かりやすくしました。
・市民の皆さんの自然に対する意識が高く、住んでいるところの周りの緑に対しても、やすらぎや憩いを強く感じていることを反映しました。
・それらの身近な自然や環境を守るために、それぞれが「我が事」として、行動につなげられるように定めています。

私たちの身近な自然を守るため、市が皆さんと一体となってまちづくりに取り組むことは、国際社会における持続可能な開発目標(SDGs)※のゴール11「住み続けられるまちをつくる」やゴール17「パートナーシップで目標を達成する」の実践につながるものです。
※2015年の国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための、共通目標。

次回は、「環境基本計画における二酸化炭素の削減の考え方」について掲載します。

問い合わせ先:環境・最終処分場対策課環境政策担当
【電話】580-1886

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU