ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

町の決算が9月議会で認定されました。まちの家計簿(1)

1/24

福岡県水巻町

決算とは、皆さんが納めた税金や国・県からの補助金、町債などの収入が、私たちの暮らしにどのように生かされたかをまとめた「まちの家計簿」です。詳しい内容は、役場ロビーの情報公開コーナーや町ホームページで見ることができます。

■税収は増額も収入総額では減額
平成30年度の収入総額は前年度と比べて、7億9861万円減の96億6776万円となりました。固定資産税が評価替えで減収となりましたが、個人町民税、法人町民税、軽自動車税は大幅な増収となり、町税全体では、前年度に比べ7293万円増の26億905万円となりました。
一方、地方交付税は、包括算定経費の見直しなどが影響し、2107万円減の24億1319万円となりました。また、国庫補助金は、投資的事業に対する補助事業の大幅な減少により3億2682万円の減となり、町債発行の6億4743万円、県支出金の1575万円の減とあわせて、決算規模の大幅な縮小になる要因となりました。

■普通建設事業費が大幅な減額
支出総額は前年度と比べて、7億9991万円減の92億4305万円となりました。これは、普通建設事業費において、前年度、庁舎設備改修や学校施設改修などを行いましたが、今年度は普通建設事業が大幅に減少し、8億3931万円減の8億282万円となったことが大きな要因です。また、扶助費では、臨時福祉給付金給付事業がなかったことにより、5998万円減の21億4975万円となりました。
一方、人件費では、人事院勧告に伴う期末勤勉手当の支給率変更などや退職者の増加に伴う退職金の増などにより、5182万円増の12億1214万円となりました。

■用語解説
▽収入
自主財源:家計に例えると、給料や貯金から使うお金のこと
依存財源:家計に例えると、借金や親からの援助などのこと
使用料及び手数料:施設利用者などが負担する料金収入
繰入金:町の貯金である基金から必要に応じて取り崩すお金
地方交付税:どの市町村に住んでいても一定水準の行政サービスが受けられるように国から交付されるお金
国庫・県支出金:国や県が特定の事業への使い道を指定して交付するお金
町債:財源不足などを補うために借り入れるお金

▽支出
性質別分類:予算・決算を分析するための分類で、人件費などの性質別に分類したもの
扶助費:町民の福祉を支えるために必要な経費
繰出金:一般会計から特別会計などへの支出
普通建設事業費:道路、学校などの建設事業にかかる経費
補助費等:団体や個人への助成金や、一部事務組合への負担金など
公債費:借り入れたお金(町債)を返済するための経費

■貯金 43億9,940万円
貯金である基金の残高は前年度に比べ1億668万円減少しています。財政調整基金は、平成29年度決算剰余金の2億円を積み立てましたが、平成30年度中に財源不足を補うため4億円を繰り入れました。その他の基金では、小中学校給食事業基金とふるさと応援基金から4,607万円を繰り入れました。また、職員退職手当準備基金に4,000万円、公共施設等整備基金に3,000万円、小中学校給食事業基金などの基金に6,310万円を積み立てました。

■借金 141億3,124万円
借金である地方債の残高は、一般会計、特別会計ともに増加し、前年度に比べ2億4,322万円増の141億3,124万円となりました。一般会計では、主にいきいきほーる空調設備等改修、町民体育館照明改修などの投資的事業の財源としました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU