ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

町の決算が9月議会で認定されました。まちの家計簿(3)

3/24

福岡県水巻町

■その他の会計
町の財政は一般会計で管理しますが、特定の財源でその事業を行う場合は特別会計を設けています。また下水道事業のように独立採算による特定の事業を行う場合は、企業会計方式を取っています。

▽国民健康保険
収入:33億1,446万円
支出:32億8,313万円
国民健康保険に加入している人の医療費給付や保健事業のための会計です。
主な収入は、国民健康保険加入者が納めた保険税、県支出金で、その他に一般会計からの繰入金なども含まれています。主な支出は、保険給付費が23億885万円、県への国保事業費納付金が8億2,147万円となっています。
対象:4,186世帯/6,688人(平成31年3月31日時点)
1人当たりの年間保険給付費:344,807円
1人当たりの保険税負担額:71,575円

▽後期高齢者医療
収入:4億2,601万円
支出:4億1,673万円
後期高齢者医療制度の保険料の徴収などを行う会計です。
主な収入は後期高齢者保険料が2億9,724万円、一般会計からの繰入金が1億1,947万円となっていて、全体の97.8%を占めています。
支出は後期高齢者医療広域連合への納付金がほとんどで、金額は4億492万円です。また、人件費などを含む総務費が、1,181万円となっています。
対象:4,352人(平成31年3月31日時点)
1人当たりの広域連合納付金:100,162円
1人当たりの保険料負担額:67,871円

▽公共下水道事業会計
水巻町、中間市、遠賀町、鞍手町を対象とした遠賀川下流流域下水道事業の整備・運営や高松汚水中継ポンプ場の維持管理などを行うための会計です。平成29年度から企業会計方式が採用され、2年目の決算を迎えました。
資本的収支:
・収入 7億6,582万円
・支出 9億2,868万円
収益的収支(損益計算書):

■用語解説
▽資本的収支
将来の経営活動に備えて行う建設改良費や建設改良に係る企業債償還金などの投資的な支出とその財源の収入

▽収益的収支
地方公営企業の一事業年度における営業活動により発生する収益とそれに対応する費用のこと。1年間でいくらの利益がでたのかが分かる企業の通信簿
一般会計負担金:総務省の操出基準に基づき、一般会計が負担したもの●一般会計補助金下水道使用料で賄うべき経費を政策的に一般会計が負担したもの
長期前受金戻入:下水道施設を整備したときに受け取る、国からの補助金や受益者負担金を減価償却に応じて収益化したもの
減価償却費:下水道施設の資産を使用したことで価値が減少した分を費用化したもの
企業債利息:建設改良のため借り入れた企業債の利息
維持管理費:管渠やポンプ場の維持管理費や人件費など

問い合わせ:役場財務係
【電話】201局4321番

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU