ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

子どもたちの笑顔のために 安心して過ごせる「居場所」を

1/4

福岡県福岡市 クリエイティブ・コモンズ

区内には、子ども食堂をはじめ、子どもの食事支援や学習支援、遊び場など「子どもの居場所」を提供している団体があります。
中央区や城南区で現在活動中の団体と、これから活動を始めようとする団体を集めた交流会が2月15日に開催されました。中央区から5団体参加し、市や両区役所の関係部署、校区のスクールソーシャルワーカーと共に情報交換や意見交換を行いました。
主催した中央区社会福祉協議会事務局長の本宮智子さん(50)は「子どもの居場所はここ数年で少しずつ増えてきています。安定した運営が継続できるよう、ノウハウを蓄積し情報交換をするなど、支援者同士や行政とのつながりをつくる手伝いをしたい」と話しています。

◆グランマキッチンカフェ
大名クロスガーデン(大名一丁目)で、子どもたちに遊び場を提供する「グランマキッチンカフェ」が第1・3水曜日の午後3時~6時半に開かれています。宿題をしたり、手作りのおやつを食べたり、小学生から高校生まで無料で利用できます。
小学2年生の女の子は「今日紙芝居をしてくれた人に似顔絵を描いてプレゼントしました。とても喜んでくれました」と笑顔を見せました。
代表の内林美惠子さん(65)は「子どもたちの様子に目を配り、何かあれば保護者に伝えています。地域の高齢者も来るので、子どもたちとの交流の場にもなっています。親以外の大人と交流することで、いろいろ学ぶことも多いと思います」と話しました。
グランマキッチンカフェの問い合わせは、内林さん(【電話】090-5026-7769)へ。

問合せ:子どもの居場所について 区社会福祉協議会
【電話】737-6280
【FAX】737-6285

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU