文字サイズ
自治体の皆さまへ

加熱不十分な鶏肉による食中毒に注意!

7/11

福岡県福岡市 クリエイティブ・コモンズ

加熱不十分な鶏肉料理を食べたことによるカンピロバクター食中毒が、市内で毎年多く発生しています。「新鮮だから安全」は間違いです。新鮮な鶏肉であってもカンピロバクターは付着していて、食中毒の危険性が高いといわれています。
カンピロバクター食中毒になると、下痢や腹痛等の症状のほか、症状が治まった後に手足のまひなどを起こす「ギラン・バレー症候群」を発症し、後遺症が残ることもあります。
飲食店で鶏肉料理を食べるときは、鶏刺しや鶏たたき、鶏のレア焼きなどは避け、中心部までしっかり加熱して作られたメニューを選ぶようにしましょう。
また、家庭で鶏肉を調理する時は次の4点に注意しましょう。
(1)肉は中心部までしっかり焼く
(2)生肉に触った後は石けんで手を洗う
(3)生肉を保存するときは、肉汁(ドリップ)が他の食材に付着しないように密閉容器などに入れ、冷蔵庫で保管する
(4)食事用の箸とは別に、生肉専用の箸やトングを使用し、調理後は洗剤で十分洗浄する

問い合わせ:区衛生課
【電話】092-851-6609【FAX】092-822-5733

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU