ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

家庭でのごみの捨て方

10/51

福岡県那珂川市

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、家庭内での消費活動が増えることで、家庭から出されるごみや資源物の量が増えてきています。
ごみ減量と新型コロナウイルス感染症拡大防止のためにも、下記の点に注意し、ごみを出していただきますようお願いします。

■ごみ出しにおいて心掛けること
◇その1
ごみ袋はしっかり縛って封をしましょう!
ごみ袋がいっぱいになる前に早めに出すようにしましょう。使用済みのマスクやティッシュなどのごみが、家族や収集作業員などに直接触れないことにも繋がります。

◇その2
ごみ袋の空気は抜いて出しましょう!
収集作業時にごみ袋が破裂することを防ぎ、また収集作業もしやすくなります。

◇その3
生ごみは水切りをしましょう!
水を切ることでごみの量が軽くなり、ごみ袋が重みで破れにくくなります。

◇その4
普段からごみの減量を心掛けましょう!
家庭での食事の機会が増える中、購入した食品は食べきるなど、ごみを出さないことも大切です。

◇その5
分別・収集ルールを確認しましょう!
自宅での生活が長くなるため、ごみも多くなります。適切な分別を行い、少しでもごみを減らしましょう。

◇その6
ごみ捨ての後はしっかり手を洗いましょう!
新型コロナウイルス感染症などに感染した人や、その疑いがある人が家庭にいる場合、気づかないうちにごみに触れている可能性があります。せっけんを使って、流水で手を良く洗いましょう。

以上の点に気をつけてごみを出していただくことが、家族にとっても、ごみを収集・処理する作業員などにとっても、ごみの円滑・安全な収集・処理を行う上で大切な行動となります。使用済みマスクやティッシュなどのごみを捨てる際にも「ごみの捨て方」を参考に、誰もが直接触れることがないよう、袋をしっかりと縛って封をするようにしましょう。
私たちの日常生活を維持する上で必要不可欠なごみの収集・処理が、新型コロナウイルス感染症などの拡大により途絶えることが無いよう、ご協力をお願いします。

問合せ:環境課ごみ減量推進担当
【電話】953-2211 内線184・186

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU