文字サイズ
自治体の皆さまへ

「集落支援員」活動紹介

18/27

福島県二本松市

■岩代地域
菅野 純子(かんのじゅんこ)さん

英語から日本語への書籍の翻訳や雑誌の取材・執筆などの仕事をしていましたが、この春にちょうど切り替えの時期を迎え、何かやりがいのある新しい仕事にチャレンジしたいと思っていた頃、集落支援員のお話があり、今年の4月から活動しています。
高校時代の海外留学をきっかけに英語が大好きになりました。福島なまりのような発音ですが、海外でネイティブスピーカーの人と話をするのが楽しく、旅行も大好きです。今年はさらに映画やドラマ鑑賞が新たな趣味に加わりました。

□集落支援員の活動内容
毎月の広報紙の配達、岩代地域の集落支援員便り「かわら版いわしろ」の作成をはじめ、地元の観光資源の発掘などの仕事をしています。広報配達や取材では、今まで通ったこともない道を通ることが多く、自分が岩代地域のことをほとんど知らなかったことを実感しました。この仕事をきっかけに、地元の方ともふれあいたいと思っています。

□集落支援員として取り組みたいこと
田沢に嫁いだ頃には、「星がとってもきれい。」というくらいにしか感じていませんでしたが、今では豊かな自然に囲まれたこの場所に住めることを幸運に思います。集落支援員の仕事を通して岩代地域や二本松市のことをもっと学び「岩代地域の魅力」を自分なりの言葉で伝えられるようになりたいです。また、地元の方々との交流を通して、皆さんの声を聞き、より住みやすい地域づくりのお手伝いができたらうれしいです。
また、コロナ禍収束後には、日本の里山として岩代地域の魅力を福島県外や海外の人たちに発信するような活動や交流活動のお手伝いをしてみたいです。
これからもよろしくお願いします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU