ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

informationお知らせ-その他

22/32

福島県二本松市

■令和2年国勢調査のお知らせ
今年は、5年に1度の国勢調査の年です。10月1日を基準日として、日本に住んでいる全ての人と世帯を対象に実施されます。
今回の国勢調査では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、インターネットでの回答または、郵送での提出をお願いします。
インターネット回答は、パソコンだけでなくタブレット端末やスマートフォンからも簡単にご回答いただけますので、ぜひご利用ください。
国勢調査の正確かつ円滑な実施のために、市民の皆さまのご協力をよろしくお願いします。

◇個人情報は厳格に保護されます
・国勢調査では、統計法によって、厳格な個人情報保護が定められています。
・インターネット回答における通信は、すべて暗号化されています。また、不正なアクセスなどの監視を24時間行っています。

問い合わせ:秘書政策課総合政策係
【電話】55-5090【FAX】22-7023

■県政世論調査にご協力ください
県民の皆さまのご意見を今後の県の事業に役立てるための調査を実施しています。
県内にお住まいの満15歳以上の男女1300人に対して郵送で調査用紙を送付しています。
調査用紙が届いた方は8月4日までに回答をお願いします。
県政のための大切な調査です。ご協力をお願いします。

問い合わせ:福島県庁県民広聴室
【電話】024-521-7013

■敬老会の中止について
高齢者の皆さんの長寿をお慶び申し上げます。
市が例年開催している敬老会は、コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度は中止します。

問い合わせ:高齢福祉課長寿福祉係
【電話】55-5114【FAX】22-1547

■二本松の提灯祭り露店出店者募集の中止
本年の二本松の提灯祭りは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となり、二本松神社で式典のみ行われることとなりました。
このため、市(暴力団関係露店商排除推進委員会)による露店出店者の募集は中止します。

問い合わせ:生活環境課生活防災係
【電話】55-5102【FAX】22-4479

■第51回東和ロードレース大会の中止について
11月3日の開催に向けて準備を進めていた「第51回東和ロードレース大会」は、国内における新型コロナウイルス感染症の終息の見通しが難しい状況のなか、大会を開催することが非常に困難であることから、中止することとしました。
来年度の大会に向けて、さらに良い大会となるよう努力していきますので、ご理解の程よろしくお願いします。

問い合わせ:東和ロードレース大会実行委員会事務局(二本松市教育委員会東和公民館内)
【電話】66-2515【FAX】46-4155

■市民交流センター休館のお知らせ
館内のメンテナンスのため休館します。
休館日:8月17日(月)

問い合わせ:二本松市市民交流センター
【電話】24-1215【FAX】24-1216

■福島県産米の検査方法が変わります!
福島県では放射性物質の吸収抑制対策を徹底するとともに、県内で生産される全ての米で全量全袋検査を行い安全性を確認してきましたが、平成27年以降5年間基準値を超えるものが無いため、避難指示のあった12市町村を除きモニタリング検査に移行します。
モニタリング検査は、国のガイドラインに基づき旧市町村(昭和25年2月1日時点)単位で3点行い、基準値を超えていないことが確認されてから、出荷、販売されます。
昨年度までのように紙袋に検査済みのラベル貼付はありませんが、安全性の確認されたものが流通しますので、ご安心ください。
検査の頻度:
(今まで)生産された米全て
(令和2年度~)旧市町村ごとに3点:旧市町村ごとに3点抽出して、出荷前の早い時期に検査・自粛解除を行います。
検査証明:
(今まで)検査済ラベル
(令和2年度~)無し:検査済みでも、玄米30kg袋へのラベル添付はありません。

問い合わせ:
福島県県北農林事務所安達農業普及所【電話】22-1127
農業振興課農産振興係【電話】55-5117【FAX】22-8533

(1)市内の環境放射線量測定値(測定日:7月8日)

(2)自家消費用農産物の放射性物質測定結果(市独自)
市放射性物質測定センターなどで測定した作物のうち、特に検査数の多かった4種類の作物の測定結果です。この測定結果は、放射性物質を市独自に測定した数値であり、出荷あるいは販売等の目安となる数値ではありません。(測定年月日:令和2年6月1日〜30日・単位:Bq/kg)

※上表はセシウムの合計値(セシウム134+セシウム137)のみの公表となっています。
※検出限界値は、測定物の重量や密度により測定物毎に異なります。検出限界値未満のものを不検出としています。

(3)飲料水(水道水)の放射性物質モニタリング検査結果
水道・簡易水道では週に1回の放射性物質モニタリング検査を行っています。令和2年7月8日採水分までの検査結果において、放射性物質は未検出(検出限界値以下)でした。
※ゲルマニウム半導体検出器の検出限界値はおおむね1Bqとなっています。

問い合わせ:
(1)生活環境課除染係【電話】22-1581
(2)市放射性物質測定センター【電話】55-5160
(3)上下水道課水道施設係【電話】55-5137

■広報にほんまつ7月号のお詫びと訂正
広報にほんまつ7月号に記載の誤りがありました。
お詫びし、訂正します。
・15ページ3段目7行目~
(誤)歳入予算では、保険給付費に関する県支出金が7980万5千円の減額となりました。

(正)歳入予算では、保険給付費に関する県支出金が7980万5千円の増額となりました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU