文字サイズ
自治体の皆さまへ

Pick up ピックアップ市政情報1

10/37

福島県二本松市

■「市民が主役」。市民との協働による 地域づくり支援事業
今年度の「市民との協働による地域づくり支援補助」の対象事業を募集します。
応募期限:5/31(月)

この補助制度は、市民の方々の自治意識を高め、市民との協働によるまちづくりを推進するために、地域の社会的な課題に対して、市民自らが地域全体の視点に立ち、事業内容の検討、決定を行い、市民相互の支え合いと活力のある地域社会を創造することを目的としています。
市民の皆さんの豊富なノウハウを生かした、地域づくりのアイデアをご提案ください。

注意!
※ソフト事業、ハード事業ともに、令和3年4月1日以降に着手し、令和4年3月31日までに完了できる事業が対象です。
補助対象となる団体:
(1)行政区等の自治組織やその連合体
(2)市民主体の地域づくり団体
(3)市民主体の特定非営利活動法人
(4)市長が特に補助金の交付が適当であると認める団体
対象外経費:
[ソフト・ハード共通]
(1)営利を目的とする事業
(2)公序良俗に反する事業
(3)事業の効果が特定の個人または団体のみに帰属する事業
(4)飲食経費やふるまい、懇親会に要する経費
(5)地域振興の観点から事業効果が不明瞭と認められる事業
(6)事業外への流用が容易である備品等の整備
(7)その他社会通念上、公費の支出がふさわしくない事業、経費
[ハード事業のみ]
(1)市が管理すべき認定市道の整備や道路管理地内の側溝整備
(2)市が管理すべき公園等施設の整備
(3)集会施設の経年劣化による修繕(屋根塗装や畳替え等)
応募方法:事業を実施したい団体は、事業実施箇所の支所地域振興課(二本松地域は各住民センター)に「市民との協働による地域づくり支援事業計画書」を提出してください。
※様式等は市ウェブサイトをご覧ください。

[令和3年度市民との協働による地域づくり支援事業ソフト事業・ハード事業補助対象事業例]
※表はハードとソフトの区分けの例示で、補助対象の可否は、選定委員会で決定されます。


※補助金額は最大100万円です。
※補助金額は「事業費×補助率」で決定し、原則一定の自己負担を求めます。
・補助率は、原則最大80%です。
・ただし、ハード枠の集会所整備および集会所備品整備における補助事業経費に対する補助率は、最大50%です。
※全体の申請額が多い場合は補助率が下がることがあります。

問い合わせ:
生活環境課生活防災係【電話】55-5102【FAX】22-4479
安達支所地域振興課地域振興係【電話】23-9024【FAX】23-8241
岩代支所地域振興課地域振興係【電話】55-2111【FAX】55-3005
東和支所地域振興課地域振興係【電話】66-2490【FAX】46-4122
秘書政策課地方創生・新エネ推進係【電話】24-7120【FAX】22-7023

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU