文字サイズ
自治体の皆さまへ

こんな時だから健幸を[健幸フェスタin伊達]

4/38

福島県伊達市

今年は新型コロナウイルス感染症の影響から、市内のイベントやお祭りが中止に
そんな中で開催した「健幸フェスタin伊達」今必要なものは、感染防止対策、経済対策……
今こそ、健康による幸せを実感

■What is ‘Smart Wellness City Declaration’? 健幸都市宣言ってなんですか?
少子高齢社会に対応するため、安心して子育てができ、安心して歳がとれるまちを目指して、平成23年11月3日に「健幸都市宣言」を行った。

■健幸都市宣言から10年
10月25日にセレビアスカイパレスと保原総合公園を会場に「健幸フェスタin伊達」を開催。コロナ対策のため市民限定として、約千人の市民が参加。伊達なふるさと大使の長沢裕さんのトークショーや健康ウォーキング教室などを行いました。併せて伊達市パークゴルフ場のオープニングセレモニーを行い、その後の体験会では芝の感触を確かめながら楽しんでいました。
健幸都市宣言から10年。健康づくり、暮らしづくり、ひとづくりの3つの基本方針のもと、市では総合施策として事業を推進してきましたが、新型コロナウイルスの感染拡大による影響は、経済活動だけにとどまらず、市民同士の活動を通したつながりをも脅かしています。このような状況から、幸福の源は「健康」だと、今一度原点に戻り、楽しんで健康について考える機会となりました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU