ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

国民健康保険高齢受給者証と後期高齢者医療被保険者証をお送りします

15/32

福島県伊達市

■国民健康保険被保険者、後期高齢者医療被保険者の皆さんへ
国民健康保険高齢受給者証と後期高齢者医療被保険者証をお送りします

現在お使いの国民健康保険高齢受給者証や後期高齢者医療被保険者証の有効期限は、7月31日(金)です。8月1日以降は、新しく交付する受給者証や保険証を医療機関に提示してください。

◆書類が届いたら確認を
新しい国民健康保険高齢受給者証(以下、高齢証)や後期高齢者医療被保険者証(以下、保険証)を7月下旬に送付します。
高齢証や保険証が届いたら氏名や住所などを必ず確認し、記載内容に誤りがある場合は国保年金課(市役所中央棟1階)にご連絡ください。有効期限が切れた高齢証や保険証は、各総合支所の市民福祉係または国保年金課に返却してください。
視覚障がい1~3級の人には保険証に点字シールを貼って送付します。1~3級以外で点字シールを希望する人はお申し出ください。

◆医療費の自己負担割合
医療費の自己負担割合は令和元年(平成31年)中の収入や市県民税の課税額(所得合計金額から各種控除を差し引いたもの)を基に判定します(チャート参照)。

◇負担割合の判定チャート
※下記に該当しないケースもあります。詳しくはお問い合わせください。

◇国民健康保険高齢受給者
2割または3割負担
※保険証と高齢証を両方提示することで負担割合が変わります。

◇後期高齢者医療制度加入者
1割負担
※現役並み所得の人は3割負担

◇申請で負担割合が変わる場合有
国保、後期で3割負担の人でも、申請により1割または2割負担になる場合があります。該当する可能性がある人に申請書を送付しますので、必要事項を記入して国保年金課に提出してください。負担割合の変更は申請日の翌月から適用されます。

◆後期高齢者医療保険料の口座振替
後期高齢者医療保険の加入者には、8月中旬に保険料額決定通知書を送付します。通知書が届いたら必ず納付方法を確認してください。納付は特別徴収(年金差し引き)が原則ですが、年度途中での加入者や、特別徴収の要件に該当しない人は、納付書または口座振替で納付してください。これまで国保税を口座振替していた場合でも、後期高齢者医療保険料の口座振替は自動的に継続されませんので、改めて口座振替の申し込みが必要です。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU