ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

国史跡「泉官衙遺跡」発掘調査現地説明会

1/17

福島県南相馬市

市では、国史跡「泉官衙(かんが)遺跡」の発掘調査で分かった成果を、市職員が資料を交えながら現地で解説します。今回は、政務などを行う中心的な建物「郡庁院」に関する調査結果を説明します。建物の柱は木でできているため、経年劣化などで無くなる場合がほとんどですが、郡庁院は非常に良い保存状態で発掘されました。
発掘したものを状態良く保存するため、説明会終了後は発掘区を埋め戻しますので、建物跡の見学はできなくなります。現地で実物を見ながら解説が聞ける貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。

◆「泉官衙」とは
奈良・平安時代に、現在の本市と同じ地域「行方(なめかた)郡」を統治した役所の跡のことです。
一時期は石を敷き詰めて舗装していたことが分かっていて、郡役所としては大変珍しく、格式の高さが伺えます。

とき:11月7日(土)(1)10時~正午、(2)13時~15時
※小雨決行、雨天中止
ところ:泉官衙遺跡(原町区泉字寺家前)

申込先・問合せ:文化財課
【電話】24-5284

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU