ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

村長コラム

6/43

福島県大玉村

大玉村長 押山 利一

いよいよ5月からは新天皇のご即位に伴い、新元号は「令和」となり新たな時代の始まりです。出典が万葉集ということで、響きも良く親しみやすいと感じました。「令和」が穏やかで平和な時代となることを願うとともに、「令和」に込められた思いの実現に向けて、気持ちを新たに村政に取り組んで参ります。
近代日本の歩みは、明治、大正、昭和、平成と元号と共にありました。一般的に時代時代の出来事など歴史を語るとき、「明治時代は…」とか「昭和初期には…」のように元号で区切りますが、諸外国では、「21世紀は…」や「1970年代は…」のように語られています。
過去にも折々に、世界の先進国日本として、またコンピューター等のデジタル化により西暦優先にすべきとの議論がなされ、結果として西暦化が進みました。
身の回りを見渡すと日常生活や仕事の上でも、未だに元号が多く使用されています。西暦使用への流れは変わらないと思いますが、今後もそれぞれの使い勝手で両立していくのではないかと思います。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階