文字サイズ
自治体の皆さまへ

《町の話題・お知らせ》資源物は正しく分別することで有効活用されます!

13/22

福島県柳津町

◆資源物について
皆さんに正しく分別していただいている資源物は、下記の様々な製品に生まれ変わり、有効活用されています。

《資源物》⇒《リサイクル後の製品》
缶⇒アルミ製品、鉄製品(車のホイールやフライパン) 等
ビン⇒ビン
ペットボトル⇒ペットボトル、Tシャツ、軍手 等
[古紙類]新聞紙⇒新聞紙、週刊誌、印刷用紙 等
[古紙類]広告、チラシ⇒段ボール、お菓子箱 等
※雑紙は多少汚れていても、リサイクルできます。
[古紙類]段ボール⇒段ボール、お菓子箱 等
※雑紙は多少汚れていても、リサイクルできます。
[古紙類]雑誌⇒段ボール、お菓子箱 等
※雑紙は多少汚れていても、リサイクルできます。
[古紙類]雑紙(ティッシュ箱など)⇒段ボール、お菓子箱 等
※雑紙は多少汚れていても、リサイクルできます。
[古紙類]紙パック⇒トイレットペーパー、ティッシュペーパー 等

※古紙類をリサイクル倉庫へ持ち込む場合は、崩れないように(高く積みすぎない)注意し、倉庫内の表示通りに種類ごとに分けて搬入してください。

◆ごみの分別についてのお願い
町では、ごみを燃えるごみ(可燃ごみ)、燃えないごみ(不燃ごみ)、缶、ビン、ペットボトル、プラスチック、古紙類に分別していただいております。
さらに、ビンであれば色別に3種類、古紙類であれば新聞紙、チラシ、段ボール、雑誌、雑紙、紙パックに分別していただいております。きちんと分別されていないものも見受けられることがあります。
きちんと分別のされていない物については、回収できませんので、皆様には、ごみの分別をより心がけていただき、貴重な資源を有効活用するため、資源物のリサイクルにご理解とご協力をお願いいたします。

■「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機・衣類乾燥機」は正しい処分を!
廃棄物処理法の許可を得ていない回収業者には、家電製品を絶対に引き渡さないでください。家庭から排出された家電を回収する業者は、廃棄物処理法に基づく「一般廃棄物収集運搬業の許可」または「市町村の委託」が必要です。「無許可」の回収業者が、排出者に高い費用の負担を求めるなどのトラブルも発生しています。
また、一部の家電製品にはフロンガスや鉛・ヒ素などの有害物質が含まれているため、法律で定められた適切な方法で処理する必要がありますが、「無許可」の回収業者は適正な処理を行っているかどうか分かりません。「不法投棄」「不適正処理」「不適正な管理」が行われ、環境汚染・破壊や大規模災害につながる可能性もあります。

問合せ:町民課保健衛生班
【電話】42-2118

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU