文字サイズ
自治体の皆さまへ

高めよう防災意識

9/28

秋田県五城目町

本町でも、大雨や台風が心配される季節になりました。昨年度は、大雨警報が発令されることは比較的少なく、洪水による被害もありませんでしたが、平成29・30年度に相次いだ洪水、土砂災害の被害を越えるような災害がいつ発生するか分かりません。
このコーナーでは、住民の皆様に備えておいてもらいたい防災知識についてご紹介していきます。

■早期注意情報を確認し災害等へ備えましょう
天気予報は、テ㆑ビのニュースや新聞などで確認ができますが、気象庁では、より詳しい情報を「防災気象情報」としてホームページ等で公表しています。
この「防災気象情報」の中の、「早期注意情報(警報級の可能性)」では、5日先までの警報の発令される可能性を「高」「中」で示し、週間天気予報の情報を補足しています。
「早期注意情報(警報級の可能性)」へは、次のQRコードからアクセスできます。スマートフォンのホーム画面などへショートカットを作成し、こまめに情報をチェックするなどして、日ごろから災害へ備えましょう。

■避難所での新型コロナウイルス対策
新型コロナウイルス感染症の拡大が心配される状況下でも、災害発生時や、災害発生の危険が高まった場合は、避難が必要です。
町では、本年度は可能な限り多くの避難所を開設し、多数の部屋を活用するなど、避難者が密にならないように配慮し、避難所での手指消毒液の準備、定期的な換気などに努めていきます。
しかし、規模の大きい災害が発生し、避難者数が増えることによっては十分に対応できないことも考えられることから、住民の皆様には、あらかじめ次の3点についてご検討をお願いします。

■避難時の(3)つのポイント
・マスクを持参し、避難所内ではマスクを着用する。
・普段から備蓄に努め、避難の際は、食料を含めた「非常用持出袋」を持参する。
・避難所の過密状態を防ぐため、普段から、安全な親せきや友人宅への避難も検討する。

■防災行政無線の放送内容を聞き直すことができます
昨年度から本格運用を開始した防災行政無線は、この1年間で様々なご意見をいただきました。
なお、本町の防災行政無線には電話で放送内容を聞き直すことができる機能がありますので、「さっきの放送をもう一度聞きたい」という場合は、次の番号にお電話をお願いします。

▼聞き直し先(自動音声)
【電話】018・852・3220

■五城目町安心メール(登録制)への登録をしましょう
「五城目町安心メール」は、町が住民の皆様へ任意の情報を発信する登録制のメールです。メールを受け取るには、事前に自分の携帯電話メールアド㆑スなどを登録する必要があります。
現在の登録者は、約600人です。届く情報として、「台風警戒」「避難所情報」などの災害関連情報のほか、「クマ出没」、「断水」、「新型コロナウイルス関係情報」などの生活関連情報などがあります。
《登録方法》
(1)自分が登録したい、以下の地区の専用メールアド㆑スへメールを送ります。QRコードからも送ることができます。メールの送信時は、件名を入力せずに、本文に登録者の氏名を入力してください。
(2)1分以内に確認メールが届きます。登録者の氏名を確認し、何も入力せずにそのままの内容で返信してください。
(3)登録完了のメールが届きます。
■「五城目町安心メール(登録制メール)」の登録用メールアドレス
◆五城目地区 gojome1-ent@pwa.e-msg.jp
◆馬川地区 gojome2-ent@pwa.e-msg.jp
◆馬場目地区 gojome3-ent@pwa.e-msg.jp
◆内川地区 gojome4-ent@pwa.e-msg.jp
◆富津内地区 gojome5-ent@pwa.e-msg.jp
◆森山地区 gojome6-ent@pwa.e-msg.jp  
◆大川地区 gojome7-ent@pwa.e-msg.jp
※登録に関する詳細は町ホームページ(https://www.town.gojome.akita.jp/bosai/550.html)をご覧ください。

問合せ:町住民生活課(【電話】852・5112)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU