文字サイズ
自治体の皆さまへ

いきいきまえばし人

18/42

群馬県前橋市

走り幅跳びで世界新記録
齋藤 衛さん・85歳 河原浜町

◆更なる記録を目指して
7月3日に開催された陸上の第36回富岡マスターズ記録会で、男子走り幅跳びM85(85~89歳)のクラスに出場。世界記録の3メートル77を3センチ上回る3メートル80を跳び、記録を更新した齋藤さん。
「走り幅跳びを始めたきっかけは、私が生まれた年に開催されたベルリンオリンピックの記録映画。そこで目にしたアメリカのオーエンス選手の美しい跳躍の姿に魅了されて競技を始めました」
大学卒業後は競技から離れたものの、定年後に故郷である本県に戻り、友人の勧めで競技を再開。
「初めの15年は膝が痛くて走ることもできませんでしたが、体重を減らしたことで、膝の痛みがとれ走れるようになったため、少しずつトレーニングを始めました。最近は3日に1回、自宅や近所の市有施設で1時間程度のトレーニングをしています」
自宅の前に広がる畑の片隅には、齋藤さんが自作した跳躍練習場がある。
「大会では24メートルを助走し、踏切板の5歩手前付近でトップスピードに達します。一番大切なのは、スピードですね」
現在は、8月に開催される関東大会へ向けてトレーニングに励んでいる。
「競技を再開して跳んでみて、やっぱり跳ぶことが好きなのだなと思いました。90歳まで続けられたらうれしいです」と笑顔で語っていた。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU