文字サイズ
自治体の皆さまへ

くらしの防災ガイド

12/26

茨城県かすみがうら市

■土砂災害・風水害に備えて
梅雨入りを迎え、これからの季節は台風や集中豪雨が多くなります。大雨や洪水、暴風、これらに伴う崖崩れ、河川の氾濫などが発生しやすく、生命が脅かされるような自然災害が毎年のように発生しています。皆さんが適切な防災行動をとれるように、そして「自らの命は自らが守る」意識を持って、自身の災害リスクと取るべき行動を確認しておきましょう。

◆雨が降り始めたら
○最新の気象情報や市が発信する情報をこまめにチェックし、避難準備を整える
近年は、短時間での集中豪雨や突発的な大雨が多く、その想定外の雨量が土砂災害や洪水となって襲い掛かってくる傾向があります。雨が降り始めたら、気象庁のホームページで気象情報をこまめにチェックしましょう。また、市では、大雨・洪水警報、土砂災害警戒情報のお知らせや避難情報などを発信しています。防災行政無線放送や市ホームページなどを確認しましょう。
気象状況が短時間で急変する場合がありますので、いつでも安全が確保できるよう、避難準備を整えておきましょう。

◆土砂災害の危険性が高まったら
○土砂災害警戒情報が発表されたら、早めに避難
崖のそばに住んでいる方は、市が開設する避難所や安全な親戚・知人宅に避難してください。

○避難が難しい時は、家の中の安全な場所に避難
深夜や早朝の豪雨など、避難所への移動が危険な場合は、なるべく崖から離れた建物や部屋の上階に避難してください。

◆「土砂災害警戒区域」の指定箇所は
土砂災害の危険性がある「土砂災害警戒区域」の指定箇所は、市総合防災マップやホームページで確認できます。災害が目の前に迫った状態では、冷静に判断できないことが想定されますので、事前に自分の家が土砂災害の危険性がある箇所に指定されているかを確認しておくことがとても重要です。
※土砂災害警戒区域に指定されていない箇所でも、土砂災害が発生する場合があります。
※付近に「がけ地」や「小さな沢」などがある場合は、注意してください。

『かすみがうら市総合防災マップ』で検索

問合せ:危機管理課(千代田庁舎)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU