ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルスに向き合った災害避難をお願いします

4/24

茨城県五霞町

新型コロナウイルス感染症がまん延する状況において、災害が発生し、避難所を開設する場合には、集団生活等を過ごすことになり、感染のリスクが高まります。
このような状況の中で、災害が起きたらどうなるのか、普段からハザードマップを確認し、災害時の対応及び準備をしておきましょう。

■避難方法の選択について
・安全な場所で車内待機
・安全な場所の知人や親戚宅
・指定避難所
・垂直避難
ハザードマップで浸水想定区域を確認

「避難」とは「難」を「避」けることであり、自宅が安全な場合(垂直避難可能)、感染リスクを負ってまで避難所に行く必要はありません。また、避難先は町が開設する避難所だけではありません。それぞれが状況にあった最適な避難方法を考えておきましょう。

◆新型コロナウイルスに配慮した避難所対策
▽避難スペースの確保
人との距離を離すソーシャルディスタンス(2m以上空ける)の取り組みを実施します。

▽避難所の混雑緩和
避難スペースの確保に伴い、1施設の収容可能人数が減少しています。やむを得ず他の避難所をご案内する場合があります。

▽避難所受付時に検温実施
避難所受付の際、検温及び問診を実施します。また、体調が悪い方は申告してください。

▽発熱、咳などの症状がある方の避難スペースの確保
症状のある方がいる場合は、避難所内でパーテーションを使用します。

◆避難者へのお願い
一般的な非常持ち出し品に加え、感染症対策用品の持参をお願いします。

○感染症対策用品
・マスク
・タオル
・アルコール消毒液
・石けん
・体温計
・スリッパなど

問合せ:生活安全課 くらし安心G
【電話】84-3618(直通)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU